カテゴリ:仕事( 228 )


2011年 12月 27日

食べ物で喩える来月の出張予定

めんたいこ⇒カステラ⇒品川丼⇒シュウマイ⇒カステラ⇒めんたいこ。


とっても、美味しそうです!o(^0^)o


まあ、食べ物で喩えれば、の話ですが。。。
[PR]

by kcchicago | 2011-12-27 01:34 | 仕事 | Comments(0)
2011年 12月 25日

キャリアの積み上げ方

色々書いてから消してしまったのですが、こちらは一言で言うと、「人と違った特異なキャリアの積み上げ方をした方が良い。」ということかと最近、強く思います。

「良い」というのは、やっていて面白いというのと、将来的に飯の種になるという意味で。

思うに、順当な出世コースというのは、ピラミッドを上がれば上がるほど立ち位置が狭くなってくるのに対し、特異なキャリアを描いていくと、スポッと当てはまるポジションの数こそ少ないものの、競合が誰もいないので、必ず自分が必要とされる場所を見つけることができる。

自分の場合は、これまでライン業務よりも特殊PJ関係の仕事が多いという職歴に加えて、「財務」+「海外」というキーワードで、社内でもなかなか面白いキャリアを描けそうだし、その過程で十分な経験を積むことができれば、定年退職してから年金貰えるまでくらいは食いつないでいけるかな、と思います。

幸い、ここの任期はそんなに長くはならなさそうですが、日本に帰っても、また3、4年したら海外に出てみたいし、次は、あまり会社の規模は大きくなくていいので、CFOやTreasurerのポジションを取れたらなぁ、とぼんやり思っています。
[PR]

by kcchicago | 2011-12-25 16:31 | 仕事 | Comments(0)
2011年 12月 25日

仕事で必要になる英語力

流暢さではなく、自分の言いたいことを簡潔かつロジカルに相手に伝えきることかな、と。

商社ほどではないにしても、やはり社の海外向け売上比率がこれだけ上がってくると、派遣・出張の別なく、海外で働く機会というのは、どうしても増えきます。

自分自身は(シカゴへの留学を除いて)ここ2年ほどカレーの国に関わるまでは、全く海外出張の経験もなかったのですが、一方では、海外に強いと評判の人というのは確かにいて、営業はもちろん、設計・工作・品証・調達、そして経理にもそういった人はいるわけです。

最近になって、そうした人たちと一緒に仕事をするようになって分かったのは、海外に強いからと言って、必ずしも皆が皆、英語が流暢とは限らないな、ということです。(もちろん、ネイティブ・レベルの人もいっぱいいますが。)幾多の国の税務当局と戦って、かつ勝利を収めてきたような人でも、そんなに綺麗な英語を話しているわけではない。

でも、伝えきるんですね。そういう人たちは。自分の言いたいことを的確に。

まず言いたいことを結論から切り込んで、具体例を出し、数字と傍証を挙げて補強し、最後に結論をもう一度叩きこむ。全ての論理構成を明確にして、つまらない反論をはさむ余地を許さず、そのサイクルを繰り返す。

そういう論理展開をする際には、凝った言い回しや慣用句なんて使わず、むしろ中学生レベルの単純な構文で、淡々と攻めていった方が効果があるようです。

そして、最も大事なのは、やはり冒頭に自分の言いたいことを、簡潔にかつロジカルに言いきること。

分かっているのにどうしても、結論から言わずに前提からだらだら話し始めてしまうのですが、こちらの国の人を相手にしていると、自分が言いたいことを言う前に発言を被せられて、お互いわぁわぁ無駄に言い合うことになる。そうなると、口数と喋りのスピードでは、どうしても負けてしまう。

というわけで、もう少し、そういった点を見習わないといけないな、と我が身を省みる今日この頃です。
[PR]

by kcchicago | 2011-12-25 16:17 | 仕事 | Comments(0)
2011年 11月 27日

師も走る

カレーの国では、既に旧正月も終わっているため、師走など関係ないのではないかとも思いますが、それでもやはり皆が走り出す師走です。

というわけで、まだ正式に決まっているわけではありませんが、かなりの確度で12月5日の週に本邦へ出張することになりそうです。今回は恐らく一週間程度、東京に滞在。

飲みに行ける人がいたら一緒に飲みに行きましょう。タイミングが合えば、あちこちの忘年会に突撃してみたいと思います!(`・ω・´)
[PR]

by kcchicago | 2011-11-27 01:12 | 仕事 | Comments(2)
2011年 10月 23日

ロジック勝負?

個人的には、ロジックvsロジックで正面から相手と殴り合って、どちらが正しいか徹底的に議論で白黒つける仕事の仕方が好みなのですが、それはfeasibilityや落とし所を探らないという意味で、ある意味easyな仕事の仕方なのでしょうね。

だからこそ、修行の意味も込めて今のこのポジションにassignされたと言うか。

好きなだけ言いたいことを言ってやれればいいのでしょうが、そうもできないので、なかなかfrustrationの貯まる毎日です。

その代わりと言っては難ですが、自分で喧嘩の矢面に立つ代わりに周囲を巻き込むという高等テクニックを覚えましたよ。ふっふっふ。(`・ω・´)

自分の任期がいつまでなのか正確には分かりませんが、自分がいなくなっても組織的に悠々と対応できるような態勢にまでは持っていきたいと思います。そして、それこそが今回の自分に最も求められていることなのでしょう。

いつまでも属人的に殴り合っているだけではなく、組織としてきちんと事態に対応できるようにする。それができれば、きっと自分自身も一つ上のステージに行けるのだと思います。

そう信じて、せっせと頑張ろう・・・。
[PR]

by kcchicago | 2011-10-23 03:03 | 仕事 | Comments(0)
2011年 10月 19日

俺は売れっ子!?(`・ω・´)

今日の電話会議で、偉い人相手に「日本で早めにこういう打合せをやっておいて下さいよ!」みたいなことを(我ながら)偉そうにわぁわぁ言ってしまい、その場では「じゃあ、今月中にやっておくか。」と偉い人にも言ってもらって電話会議も終了したのですが、その10分後くらいにまた日本から電話があって、「日本でやる、その会議にお前がいないと話にならねぇだろ?」と。


というわけで・・・


来週後半から、打合せのために日本出張決定です!わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪

本当は自分がいなくても何の問題もないような気はしなくはないですが、きっと電話をかけてきた人が気を利かせて日本に帰る機会をくれたのだと思って、その好意に甘えることにします。売れっ子は辛いね。_(^^;)ゞイヤー ということにしておこう。うん。

とか言いながら、今週来週の業務の進捗次第であっさり流れてしまうかもしれませんが。。。

いずれにせよ、今の予定では、来週後半から週末をはさんで、カレーの国⇒東京⇒カステラの国⇒カレーの国、というスケジュールで動くことになりそうです。当地の連休を利用しての移動になりますし、一ヶ所に滞在する時間が短いので、なかなか皆さんとお会いするチャンスはないかもしれませんが、予定の合う方は一緒に飲みにでも行きましょう。

さて、飲むぞ!食うぞ!歌うぞ!歌うぞ!歌うぞーーー!!!(`・ω・´)
[PR]

by kcchicago | 2011-10-19 02:10 | 仕事 | Comments(2)
2011年 10月 07日

デリー出張

e0024426_2317020.jpg
デリー空港のでっかい象の像。

さて、日曜から今日までデリーに出張に行ってきました。

市内や観光地をウロウロする時間はありませんでしたが、夜は日本食屋で食ったり飲んだり。普通にレストランで食事しながらお酒が飲めるというのは、禁酒州では味わえない贅沢です。

と言いつつ、田舎町に帰ってきて、すごくホッとしている自分がいます。まあ、たとえ一ヶ月住んだだけでも、やはり自分の部屋が一番落ち着きますね。_(^^;)ゞイヤー
[PR]

by kcchicago | 2011-10-07 00:22 | 仕事 | Comments(0)
2011年 09月 11日

熱い思い

昨日は例によって半ドンで、オフィスでまったり報告書を書いていたのですが、いつも事務手続きをしてくれる若い兄ちゃん(ちなみに部門のトップ以外は、ほとんど全員が20代と思われます)がツカツカと歩み寄ってきて、いきなり熱く語り出しました。

「貴方のこの会社におけるミッションは一体何だ?貴方は我々に何を教えてくれるのだ?私は会社のためにも、自分のキャリアを広げるためにもドンドン日本の会社から学びたいんだ!」と、それはもう熱く。

全体の動きと彼個人の思いがどこまで調和しているのかは分かりませんが、若い担当者の熱い思いを無にするわけにはいかないので、日本側からノウハウを引っ張りながら、自分が教えられることはここに残していこうと思います。

高度成長期の日本もこんな感じだったのかな?昨日より今日、今日より明日は必ず良くなると信じ、将来のためにがむしゃらに学び、働いていこうという姿勢は、ちょっとだけ眩しく感じました。

最近、同年代の日本人でも、「伸びている経済の中で働きたい」と、給与が下がるのも気にせず日本の会社を退職してインドの会社に就職している人たちがいます。

伸びている経済と、それを支える人たちの熱さ。それこそが、自分が今回の赴任から学ぶべきものなのかもしれません。
[PR]

by kcchicago | 2011-09-11 18:22 | 仕事 | Comments(0)
2011年 09月 08日

Knowledge Session

そもそもカレーの国は人口構成が極端に若い(人口の半分が20代以下でしたっけ?)というのもありますが、現在の勤務先はできて数年なのに1,000人規模で従業員を雇っているので、従業員の年齢構成が非常に若いのですね。本当に20代ばっかり。

だからというわけでもないのでしょうけど、週に一回、会社全体の勉強会をやっていたりして、今日も講堂にかなりの数(数百人単位)の従業員が集まって、設計関係の講演がありました。話しているのも20代の従業員。皆が持ち回りで講師を務めて、今日でちょうど52回目、丸一年の節目の会でした。

話している内容は非常にプリミティブだとは思うのですが、これから爆発的に伸びていくであろうカレー経済の若さや勢いを感じました。

こういう話を日本ですると、「勤務時間中にそんなことしているくらいなら他にやることあるだろう」みたいな冷めた反応が返ってくるのですが、現場の熱気を感じ取れないというか、だから停滞するんだろうな、と寂しい思いもします。

まあ、何はともあれ、高度成長期のような、バブルのような、右肩上がりの熱気の中で仕事をできる機会があるというのは、やはり恵まれたことなのでしょう。
[PR]

by kcchicago | 2011-09-08 00:53 | 仕事 | Comments(0)
2011年 07月 27日

出張はこれが最後。

というわけで、明日から出張としては最後になるはずのカレー出張に行ってきます。

と言っても、明日はまだ国内にいますが。(^^;)

最後の最後までバタバタしそうですね。。。
[PR]

by kcchicago | 2011-07-27 20:31 | 仕事 | Comments(0)