それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:車( 40 )


2007年 02月 09日

Contingency Plan発動

さて、久々の車ネタ。

新たな相棒は結局3連休には間に合わないのですが、代わりの足を確保しました。今回は土曜の夜に予定が入っているため、遠出をする予定もありませんが、小回りの利くヤツなので、街中をバンバン走り回ってみたいと思います。

何気に超楽しみ。('-'*)フフ
[PR]

by kcchicago | 2007-02-09 21:49 | | Comments(0)
2006年 11月 14日

もう君色にしか染まれない

さて、旅レポの締めくくりに、今回の旅行の足になってくれたストリームさんのインプレをば。

何故ここで「さん」付けなのか?

例えば、普段のアシにしている「エボ9ちゃん」は気軽に「エボ」と呼び捨てにできるだけの相棒だし、兄が乗っているコペ君は「君」付けしたくなる、ちょっと愛玩動物的な可愛らしさがあるのです。

それに対して、今回のストリームさんは、何と言うかスーツを着たサラリーマンを連想させる、仕事は無難にこなしてくれて頼りがいはあるのかもしれないけど、何とも面白みに欠ける、そんな車でした。とか言うと、「私に期待されているのは、そのようなことではありませんから」と反論されそうな。

「ホンダの車って、こんなだったっけ?」というのが正直なところ。ホンダと言えば、サイバースポーツCR-X、スポーツシビック(今の重たいシビックじゃなくて、ジョディ・フォスターがCMやってた世代のやつ)、ビート辺りを連想する自分にとっては、「これじゃ、トヨタと一緒ね」という感じでした。

しかし、まあ評価の基準がエボになっているのが、そもそも間違いなのかもしれません。

「エンジンまわらない」、「トルク出ねぇ」、「アクセル踏んでも進まない」とか、エボに比べりゃ、当然かもしれません。NAだし。(あ、正確に言うと、エンジンのまわり方はエボより上かもしれません。回転の上昇にパワー感がついてこないだけで)

エボを買うときに、「スピードは麻薬ですから。この加速感にも慣れちゃう日が来るんですよ」とディーラーさんに囁かれたものですが、既にエボしか愛せない身体になってしまったのかもしれません。ウーム。(-"-;)

p.s. パワーの話は別にしても、「5ナンバー、7人乗り」というコンセプトはやはり無理があるような気がします。あのサードシートに押し込まれたら、ドライブを楽しむどころではないような気が。エマージェンシー対策を欲しがる人がいるのは分かりますが、年に数回あるかもしれない「もしも」を気にしても。。。ねえ?
[PR]

by kcchicago | 2006-11-14 22:24 | | Comments(0)
2006年 11月 14日

北海道旅行 二日目

ええ、二日目だけ、カテゴリが「車」になってます。

この日はすごかった!

何がすごかったって、お天気がもう!

雨なんてもんじゃなく、途中から完全に吹雪になってました。

では、その吹雪の中、いかほど走ったのかと言うと、、、

旭川⇒美瑛⇒富良野⇒帯広⇒足寄⇒阿寒湖⇒美幌峠⇒釧路⇒旭川

うーん、文字で書くと大したことないかもしれないけど、あの猛吹雪の中、走行距離はおよそ800km。我ながらアホだと思います。特に一番最後の矢印には少し注目して下さい。

この日の夕食は釧路で取って、クジラ肉のお寿司を堪能して、そのまま釧路で泊まっても良かったのですが、時間がまだ7時前ということもあり、「北海道なら日付が変わるまでにたどり着ける」と根拠もない自信を背景に、旭川までの300kmの道程に乗り出す。その結果、あんな怖い目に会うとも想像せずに。。。

朝から一日中吹雪いていたせいで、日中はドライだったはずの路面が、夜にはすっかり新雪のアイスバーンになってたんですね。ええ、そりゃ真新しい雪が真っ白に光って綺麗でしたとも。。。

地元ナンバーのランクルはボンネットが大きくひん曲がって、対向車線に逆向いて停まってるし、相変わらず雪は轟々降ってきて視界はないし。。。

「怖いよぉ。(>_<、) 」と思いつつ、それでもそれなりのスピードで旭川まで帰ってきたのですが、さすがに日付は大幅に越えてしまいました。まあ、そんなことより無事にたどり着いたことを喜ぶべきでしょうか。_(^^;)ゞイヤー

では、おまけに美幌峠からの眺めを。展望台への階段もガチガチに凍結してて立ってるだけでもコケそうなところに、吹っ飛ばされんほどの暴風が吹き荒れて、最上段まではたどり着けませんでした。ってか、そんな天気の中、屋外の展望台へ上がって行こうとしているのは私一人でしたが。

e0024426_2128359.jpg
[PR]

by kcchicago | 2006-11-14 21:28 | | Comments(0)
2006年 01月 28日

i 12台

うちの職場の隣にあるミツビシのショールームには
i(アイ)が12台も飾ってありました。

落ち着いた色のものからカラフルなもの、ROARのエアロをつけたヤツまで
同じクルマがあれだけたくさん並んでいても、あまりうるささを感じさせないのは
やはりデザインがいいからだと思います。

でも、ミツビシってこんなにデザイン力あったっけ?
とは、素直に疑問に思うところです(明らかに一台だけ異質なデザインのような気が・・・)。

ちなみに愛車なのでエボのデザインは好きですが
世間一般の目から見ると、やはりデザインソースとしては古いのだと思います。
ってか、ベースのセディアが出た時点で既に「古い」と叩かれてましたから。
で、セディアはブーレイマスクになって実質的に終わってしまい
ブーレイマスクが取れた今でもスイカのお化けみたいな変なデザインです。

コルトやグランディスはそもそもブーレイがデザインしたので
ブーレイマスクのついた初期型の方がいいデザインだと思いますが。
(グランディスって、どんどん変なデザインになってる気が)

アウトランダーはデザインとして悪くはないとは思いますが
どちらかと言うと無難にまとめた感じで、特別新しいことに挑戦したようにも見えないし。

そう考えるとアイはやはり出色の出来だと思います。
あ、ベーシックのekワゴンもシンプルでいい出来だと思いますよ。
あと、古いけど現行型ミニカの初期型も線の使い方がオシャレだなと思いました。
何気に小さいクルマの方が得意なのか?
[PR]

by kcchicago | 2006-01-28 15:37 | | Comments(0)
2006年 01月 25日

祝!i(アイ)発売!

書き忘れてましたが、1月24日にミツビシの軽自動車「 i (アイ)」が正式にデビューしました。

エンジンが前にない分、スタイリングという意味でも、クラッシャブル・ゾーンの設計という意味でもデザインの自由度が高いようです。内装もけっこうよくできているみたいだし、これで実際に走り出したときのドライバビリティ、というか、もっと単純には走る・曲がる・止まるの3要素について市販レベルで問題ないことが実証されれば割ときちんと売れるのではないでしょうか。

個人的にはオートサロンで飾ってあったアンセル・バージョン(マジョーラのピンクゴールドのやつ)を市販してほしいところです。
[PR]

by kcchicago | 2006-01-25 23:52 | | Comments(3)
2005年 11月 27日

東大ダートラ

大学時代の部の後輩が主催している「第16回 東大ダートラ」の応援に、群馬県の須賀尾ダートサーキットまで行ってきた。

参加台数27台は、軽く100台を超えた往時の勢いからは隔世の感はあるものの、昨今の業界状況を踏まえると、頑張ってよく台数を集めたほうだと思います。

コース自体は高低差があってスピードも乗り、ちょっと怖い箇所はあるものの、初心者のエントラントの方でも目一杯ダートラの面白さを味わえる、いいコースだったのではないでしょうか。

競技会の進行は、残念ながら一台の転倒車が出たものの、特に怪我人が出たり、重大な事故を起こすこともなく、スムーズに終了しました。競技自体も台数が少ないながら非常なハイレベルで、全日本のチャンピオンがデモランをしてくれたり、地区戦の上位陣が激しい走りで優勝を競り合う、見ててもワクワクする展開でした。

しかし、ゴールポストの辺りで砂埃にまみれながら、進入からの揺り返しでコース幅いっぱいのドリフトをしながら駆け抜けていく競技車を見ていると、もう一度ダートラをやりたくなってきて、困ってしまいますね・・・。
[PR]

by kcchicago | 2005-11-27 20:29 | | Comments(4)
2005年 11月 26日

アウトランダー試乗

所用でディーラーに行った際にアウトランダーの試乗をさせてもらった。

2.4リッターのMIVECエンジン、結構低速からトルクが出ていて、いい感じです。6速CVTはステアリングに付随しているパドル・シフトでシフト・チェンジできるのですが、これも非常にレスポンスが良く、思っていたより楽しかったです。CVTだから加速にダルさを感じるかな、と予想していたけど、マニュアル・モードを使って走っている限りはさほどの不満はありませんでした。

その後、店内に飾ってある車でロックフォード・フォズゲートのオーディオも試させてもらいました。レクサスに採用されているマーク・レビンソンと違い、いかにもアメリカンな低音重視のオーディオですが、ドアや内装のデッドニングも純正の状態でなされており、実際に運転中に聞くにはいいのではないでしょうか。

サードシートの収納や、セカンドシートの折りたたみ、分割式のテール・ゲートも良くできており、これなら十分人に薦められる出来だと思います。
[PR]

by kcchicago | 2005-11-26 17:11 | | Comments(3)
2005年 11月 01日

祝!アウトランダー受注5,000台!

わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪5,000台♪5,000台♪

というわけで、アウトランダーは10/17の発表以来、2週間で月間目標販売台数2,500台の倍となる5,000台を受注したそうです。まあ、相当気合入ってますからね・・・。

ただ、ハリアーやエクストレイルみたいな一部の車種を除くと、本来SUVってバカ売れするようなジャンルの車でもないので、なるべく長くこの勢いが持続してほしいところです。
[PR]

by kcchicago | 2005-11-01 00:19 | | Comments(0)
2005年 10月 30日

東京モーターショー

前回は留学中であったため見に行けなかった東京モーターショーに4年振りに行ってきました!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

相変わらず、「車好きの人って日本にこんなにいたっけ?」と思わされるくらいの大盛況でしたが、お目当ての車はそれなりにしっかり見てきました。

90年代の終わり頃からここ数回のモーターショーって、非現実的なコンセプトカーの割合が減ってきて、市販化前提のスタディ・モデルが増えてきて、「こんな車がいずれ街を走るんだ!?」と、車好きとしては現実味を持ってワクワクさせられるものが増えてきたように思います。いい傾向です。

やっぱり一番人だかりがすごかったのはトヨタと日産。トヨタはレクサスLS、日産はGT-Rに尽きます。GT-Rはあまりにも人だかりがすごすぎて、結局近づくこともできませんでした・・・。(-_-;)

我らがミツビシ・ブースもそれなりの盛況で、ランエボXとなることがほぼ確定しているコンセプトXと、これまた次期デリカとなるコンセプトD-5を中心に据え、既に市販されているアウトランダーと来春発売予定のiを並べて中心のステージを構成していました。リアミッドシップのiのカットボディ(リア・アクスルの前に斜めに置かれた660ccMIVECエンジンは見物です)や、インホイールモーターを採用した電気自動車であるランサーMIEV(ボディ裏の配線やリチウム電池の配列もちゃんと見られます)等の技術的な展示もしっかりしていて、現実味のある面白さとしては、他社のブースと比較してもかなりいいトコ行っていたのではないでしょうか?

外車のブースは市販車中心で、やはりポルシェやフェラーリ、ランボルギーニにブガッティといったスーパーカーは満遍なく人気があり、プジョー、ルノー、シトロエンといったフランス車のブースも人気のようでした。シトロエンのC2、C3はMTのモデルがあれば本気でほしくなるかもしれません。

小さなメーカーでは、ミツオカのブースも面白かったです。ガリューやビュートはまあそれなりによく見かけますが、今回出品していた『おろち』が街を走り始めたら結構楽しいかもしれません。外観はエグイのですが、個人的にはあの真っ白の内装だけでもほしいと思いました。

車と比べるとそんなに人は入っていませんが、部品やタイヤ、工具メーカーのブースもそれなりに面白かったり、国土交通省も安全運転喚起のために自前のブースを出していたりで、全部見るには丸一日かけても足りませんが、やはり面白かったです。

え、それだけじゃないだろうって?
ええ、個人的にはホンダのメイン・プレゼンでスポーツ4コンセプトの紹介をしていたお姉さんと、ミツビシのブースでアウトランダーのスペシャル・プレゼンに出ていた水野美樹似のお姉さんがイチ押しでした。スズキのLCのところで踊っていた女のコたちもカワイかったです。
あと、アウディのシューティング・ブレイクのところにいた平井堅そっくりのイケメン系のお兄さんはマダム客狙いなのか?と変に気になったのと、ダイハツのブースのプレゼンはやり過ぎだと思いました。タカラヅカの舞台じゃないんだから、踊ってばっかりいないで車の紹介しようよ、もう少し・・・。
[PR]

by kcchicago | 2005-10-30 21:35 | | Comments(0)
2005年 08月 21日

久々のオープンカー

昨晩は自動車部時代に一緒に軽自動車のオフロード耐久レースに参加していたメンツで飲みに行っていたのですが、そこでの話の流れから、今朝は急遽4時半起きで辻堂までポルシェ914を取りに行くのに付き合うことに。

というわけで、6時くらいに辻堂に到着し、そこにエボを置いて箱根に走りに行こうかと予定していたのですが、箱根のふもとに着いたら既に旧道辺りは渋滞が出来始めていて、箱根には立ち入らずに帰ってきました。

でも、久々のオープンカーで新湘南バイパスを流して(と言っても助手席ですが)、非常に気持ち良かったです。ああ、やっぱりセカンドカーにオープンカーがほしくなってきた。どこかにビートのいい出物でもないかな?実家に帰ればコペンを運転させてもらえるのだろうけど。

何にせよ、すごく眠いのでちょっと一眠りします。オヤスミナサイ。
[PR]

by kcchicago | 2005-08-21 09:43 | | Comments(2)