「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:音楽( 28 )


2012年 05月 06日

『AIDA』聴き比べ

さて、先週からずっとiTunesで購入したミュージカル『AIDA』の英語版と日本語版を聴き比べているわけです。

まあ、そもそもが英語で作られたミュージカルだし、英語の方がリズムに乗りやすいのは間違いないので、英語版に聴き慣れると日本語版は多少の違和感を否めないのですが、それでも劇団四季の日本語版はかなり良い線行ってると思います。

ただ、それでも少しだけ残念なのが『I Know the Truth』の日本語版の歌詞でしょうか。

昔の日記のこのページ(13日とか15日辺り)に熱く書いていますが、この場面は、今まで何不自由なくお姫様として育ってきたアムネリスが、少しずつ自分の暮らしを支えてきた矛盾に気づき始めていく中で、彼女にとっては残酷な真実を見せつけられながらも、国を支える王女として果断な、それでいてアイーダとラダメスに対する密やかな愛情を含んだ、そんな決断を下すラストシーンへの転機となる場面です。

英語版の歌詞を見れば、主語が「I」になっていることに気づくと思います。確かに運命は残酷だけれども、今までその運命に目を瞑って気づくこともしなかった、気づくのが少し遅すぎた、そんな自分の不明を自覚することで、ラストシーンに向けて彼女が大きな成長を遂げる、それを予感させる歌詞になっている。

それなのに。。。

日本語版では、単なる「振られ女の嘆き節」みたいになってしまってるんですね。「運命は皮肉ね。」とか言っちゃってるし。

これじゃまるで、「私は何も悪くない。全て世間が悪いんだ。」と言っているように聞こえかねないし、ラストシーンの彼女の決断も単なる意趣返しにしか見えなくなってくる。何だか全てをぶち壊してしまってるような気がするんですね。

あと、『Dance of the Robe』の終わりは、何故か日本語版の方が妙にキーが低いのも少し残念と言えば残念。

そんな妙に細かい不満を口にしながらも、日本に帰って劇団四季の『アイーダ』を観るのを楽しみにしているわけですが。

今のところ、7月8日分までしか公演予定がないみたいで、それではさすがに無理なので、何とか延長してくれ!ヽ(`Д´)ノ

9月まで延ばしてくれたら、何とか一時帰国、できないかなぁ。。。
[PR]

by kcchicago | 2012-05-06 02:57 | 音楽 | Comments(0)
2012年 01月 14日

Manish

昔からビーイング系のアーティストが好きで、今でもiTunesを立ち上げると、たまに聴いていて、高橋美鈴の声が好きでManishもよく聴いているのですが、こっちに来て「Manishって、インド人によくいる名前だよな。」と気づきました。

で、改めてググったら「mannish(男のような;男っぽい)」からの造語なんですね。まあ、アーティスト名を決めるときに、インドの名前と被ってるかどうかなんて確認せんわな・・・。(^^;)
[PR]

by kcchicago | 2012-01-14 21:23 | 音楽 | Comments(0)
2011年 11月 20日

Acid Black Cherry

酔っぱらったままiTunesをいじるのは危ないと頭では分かっているのですが、勢いでサクッとカバーアルバム2枚分お買い上げ。まあ、今さらな感じはありますが。しかし、キー高いな。

最初はflumpoolの『どんな未来にも愛はある』がないかと思って探したのだけど、iTunesでは売ってないようですね。日本を出るときにCDを買っとこうと思って忘れて、この間出張した時もCD買おうと思って忘れて、なかなか縁がありませんな。。。(-"-;) この曲もキーは高いけど、カラオケで歌えるように練習しておこう。

関係ないけど、鬼束ちひろって、最近壊れてしまったんですかね?個人的には『sign』とか、大好きだったのですが、残念な感じです。

カレーの国の音楽は、ボリウッド的な音楽が一つの典型としてある一方で、若い人たちが聴いているような曲は洋楽やJ-Popとさして変わらないような気もします。帰る前に何枚か買っていこうか。。。
[PR]

by kcchicago | 2011-11-20 00:59 | 音楽 | Comments(0)
2011年 05月 02日

iPod nano

今回初めてアップルの製品を買ったけど、パッケージから本体まで全てがおしゃれな感じで、アップル製品にはまる人ははまるんでしょうね。操作系が感覚的すぎてロジカルじゃないので、慣れが必要そうですが。あ、でもこれはiPodよりiTunesの問題かもしれない。

それはそれとして、これまではアナログ人間として音楽は専らCDとMDで聴いていたのだけど、やはりこちらの方が断然便利そうなので、活用してみよう。

今日は部屋にあるCDを何十枚かせっせとPCに取り込んで、それをiPodに同期させてみた。アーティスト名別に曲を検索できないのが面倒くさいなと思ったけど、それは自分でプレイリストを作ればいいだけか。まあ、徐々に慣れていこう。
[PR]

by kcchicago | 2011-05-02 00:27 | 音楽 | Comments(0)
2011年 04月 23日

脳内カラオケ

朝方、お隣の州で急遽入った打合せに出てからは、特にやることもないので、ホテルの部屋でGooの歌詞情報を見ながら、一人脳内カラオケであっという間に時間が過ぎていきます。

学生時代の90年代後半から、最近流行った曲まで。我ながら、音楽も流れていない中で口パクでよくやるな、とは思いますが。

THE YELLOW MONKEY
T-BOLAN
WANDS
SOPHIA
B'z
DEEN
GLAY
尾崎豊
コブクロ
FUNKY MONKEY BABYS
いきものがかり

そう言えば、T-BOLANの森友嵐士、復活したんですね!?

あと、こんなときに「帰りたくなったよ」を歌うのは良くないですね。本当に帰りたくなってきます。残り一週間、我慢我慢。

いい加減、iPodでも購入して、またこんな長期の出張があるときは持ってきましょうかね。会社のPCに音楽ファイル入れるわけにはいかないし。ああ、それにしても本格的に歌いに行きたい。。。
[PR]

by kcchicago | 2011-04-23 23:38 | 音楽 | Comments(0)
2010年 11月 28日

『FURUSATO』

こちらも、最近のSQの中で聴いていて、先ほどのCDと同時に、AMAZONでサクッと購入。

去年発売されたものなんですね。

今年テレビを買い替えてから、結構ドラマを観るようになったのですが、これを観ていたときに、ずっと日生のCMが流れていて、出張時に久々に機内で聴いて、改めて『虹』を聴きたくなって買ってしまいました。

とりあえず、ハモりの方に挑戦しては挫折しています。。。
[PR]

by kcchicago | 2010-11-28 00:09 | 音楽 | Comments(0)
2010年 11月 27日

『いきものばかり』

最近、カレーの国の行き帰りの飛行機の中でぼうっと音楽を聴いていることが多いのですが、前回の出張時には、いきものがかりの『ハジマリノウタ』をずっと聴いていました。

2006年に『SAKURA』を聴いたときは、確かに良い歌だなとは思ったものの、メジャーデビューのクォリティが高いだけに、逆にここで全てを出しつくして一発屋で終わってしまうかな、と思って、その後はまともに聴いていなかったのですが、その後も安定して良い曲をずっと出していたんですね。自分の不明を恥じるばかりです。

というわけで、『いきものばかり~メンバーズベストセレクション~』。

吉岡聖恵の、声量があって、とっても伸びやかなボーカルがすごく心地良いです。

JUDY AND MARYの影響が強いような気はしますが、安室奈美恵や宇多田ヒカルのフォロワーばっかりのチャートの中で、オリジナルの正統派が売れているのは嬉しい気がしますね。
[PR]

by kcchicago | 2010-11-27 23:36 | 音楽 | Comments(0)
2009年 08月 16日

『CALLING』

今回の帰省は、往路も復路もずっと軽やか号の中で、コブクロの『CALLING』を聴いていました。

コアなコブクロ・ファンに聞かれると怒られるかもしれませんが、これまでコブクロの持ち味だった、素直なメロディの伸びやかさみたいなものがなくなって、非常にテクニックや技巧に凝った曲ばかりのような印象を受けて、個人的には少し残念でした。

ワン・フレーズに費やす音階の多様さや厚みのようなものは感じるし、明らかに前作よりも二人の歌が上手になっているのは分かるのですが、ちょっとテクニックに走り過ぎていて、もう少し素直に音を伸ばしてもいいんじゃないか、と感じた次第です。

とか言いながら、いつも通り単曲リピートを何時間も繰り返し、往路では『虹』、復路では『STAY』をマスターしました。聴いているのと、歌っているのでは、また曲の印象が変わってくるのも、少し不思議な感じです。。。
[PR]

by kcchicago | 2009-08-16 00:10 | 音楽 | Comments(0)
2009年 02月 07日

mixi Radio

mixi Radioをきっかけに、今さらながらFUNKY MONKEY BABYSやGReeeeNの曲をよく聴いてます。

最近は音楽番組をほとんど観ないので、世間でどんな曲が流行っているかなんて全く知らないのですが、これは最新の曲をまるまる一曲聴けるのでありがたいですね。

もうおっさんなので、どの曲を聴いても同じに聞こえるのが少しアレですが。。。_(^^;)ゞイヤー
[PR]

by kcchicago | 2009-02-07 07:42 | 音楽 | Comments(0)
2008年 06月 01日

『aigakikoeru』

さて、「ありがとう」つながりということで、KOKIAの『aigakikoeru listen for the love』をサクッと購入して聴いています。

やはり、「ありがとう」というのは良い言葉だな、と思います。

ただ、曲自体は、このアルバムに収録されているピアノ・バージョンよりも、先日のフラッシュの後ろに流れていた初期バージョンの方がいい感じだったりしますが。。。
[PR]

by kcchicago | 2008-06-01 10:18 | 音楽 | Comments(0)