<   2006年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2006年 07月 30日

富士吉田でうどん

本日はタイヤの慣らしを兼ねて、山中湖経由富士吉田市に名物のうどんを食べに行ってきました。

川崎街道や道志みちを走るときも「今日はタイヤの慣らしだから、まったり走るんだ。いいな?今日のテーマは『まったり』だぞ!」と心の中で自分に言い聞かせながら、まったり走ってきました。

さすがに夏休みが始まった後のお天気の日曜日、山中湖周辺は激混みでした。でも、最近この辺りは庭のようになってきて、そそくさと裏道を使って富士吉田まで。

14時をまわると、大半のうどん屋さんは閉店してしまうため、事前にネットで確認していた14時以降も開いているお店へGo。おばあさんが一人でやっていて、「肉うどんになりますけど、いいですか?」とメニューの選択の余地がない辺りがいい感じ。

うどんを食べたらサクッとトンボ帰り。河口湖ICから高速に乗るも、まだまだタイヤは慣らし中なので、左車線を100kmも出ない速度でひたすたまったり。中央道に合流すると、上野原の手前からかなりの大渋滞。これまたサクッと高速を降りて、ひたすら山道を走り続けて246号まで抜ける。この辺りの抜け道に異様に詳しいのも我ながらどうかとは思うけど。

というわけで、道が混んでいた割にはすんなりと帰着。

前回も少し書きましたが、やはり気のせいではなく、明らかにタイヤノイズが減っており、突き上げ感も減っているので、今日は非常に快適にドライブできました。最近、ややドライブ依存症気味ですが、さらに悪化しそうな予感です。。。(^^;
[PR]

by kcchicago | 2006-07-30 23:55 | Evo IX | Comments(0)
2006年 07月 29日

ADVAN NEOVA AD07

さて、我がえぼきゅうちゃんの総走行距離も21,500kmに達したところで、純正タイヤであるA046様の寿命がめでたく尽きてしまいました。このタイヤ、コンパウンドが異常に柔らかいのでしょうか、身を削りながら鬼グリップを提供してくれたその働きに感謝しつつ、冥福を祈ります。合掌。(-人-)

というわけで、本日は新しいタイヤを買いに行きました。学生時代、自動車部であった頃から「タイヤを買うならここ!」と決めていた世田谷区の某タイヤ屋さんに電話。すると素晴らしいことに、ちょうどエボに合うサイズの在庫があり、今日組み替えてもらえる、とのこと。

ちなみにこのタイヤ屋さん、怪しい通販サイトを除けば、都内で最も安くタイヤが買えるのではないかと思います。少なくとも、自動後退や黄帽子で買うより、明らかに2割は安いと思われます。

夕方にお店を訪ねて30分ほどでタイヤ交換完了!ちなみに購入したのはタイトルにもあるADVANのNEOVA。BSのRE-01Rも考えたのですが、ネットでの評判を見る限り、ドライとウェットのバランスが、NEOVAの方が良さそうだったので、こちらにしました。

ちょいと街乗りした感想として、これはA046とNEOVAの差なのか、磨り減ったタイヤと新品タイヤの差なのか判然とはしないのですが、明らかに静かになって乗り心地が良くなりました。「クウォーーン」という独特のノイズが減ったように感じます。うーん、さすが新品。素晴らしい。

ところで、お店を出るときに

「ちょっと走ったら念のため増し締めして下さいね。どうせゆっくりは走らないだろうから」

「少しは慣らしをしてあげて下さいね。ここ出てすぐに全開っていうのはダメですよ、こういう車ですからね」

と、立て続けに言われてしまいました。いやぁ、私は安全運転ですよ、多分。。。(;^_^A アセアセ・・・

さあ、明日はタイヤの慣らしだ。どこに走りに行こうか!? o(^ー^)o
[PR]

by kcchicago | 2006-07-29 20:16 | Evo IX
2006年 07月 26日

ロマンティックからメルヘンまで

(バックデートで水曜日の日記を更新)

さて、代休なわけですが、やはりと言うか、確信犯的に寝坊をしてしまったために、出発は8時半。そして、当たり前のことながら、道路は朝のラッシュ。というわけで、そそくさとデニーズに退散し、まったり朝ご飯。水曜日でもそれなりにいました、デニーズでまったりしてる人たち。

で、表通りは避けて、ひたすら裏道を抜けて関越道まで。関越に乗ったら意外なほど空いていて、途中高坂SAで給油したほかは渋滞で止まることもなく、あっという間に渋川伊香保ICまで。ここから伊香保の温泉街を通りぬけ、榛名湖をまわりこんで西岸から北上する。

この途中のワインディングは素晴らしかった。水曜日の日中ということもあるのだろうけど、センターラインがきっちり区切ってあってエスケープゾーン(路側帯とも言う)がしっかり幅広く取られているだだっ広いワインディングなのに対向車も前走車も全くいない。鮮やかな緑に彩られた山道をしっかり楽しませてもらいました。

そして、長野原町から六合村へ。「くにむら」って、最初は読めませんでした。ちょうどここでお昼過ぎになったので、昼食を取りながら、またもやまったり。標高はかなり上がってきているはずですが、お構いなしの直射日光でこの辺りも相当暑いです。

昼食後は、いよいよ本日の目的地。草津の温泉街には一瞥をくれることもなく通りすぎ、292号から渋峠へ向かう。。。

そして。。。


絶景!

e0024426_19434740.jpge0024426_19444772.jpg



写真は最高位の碑がある位置から撮ったもので、下手っぴなのですが、本当はここに至る道中の景色の方が素晴らしかったです。樹木がほとんどないので視界が開けていて、一面に緑に覆われた山を綺麗に見通すことができます。雲が間近に迫る緑の高原を真っ赤な車で駆け抜けていると、まるでテレビCMの一場面にいるかのような幸せな錯覚を味わえます。

帰りは万座ハイウェイ、鬼押ハイウェイで一気に嬬恋、軽井沢と降りてきてしまったのですが、これは失敗。景色ははるかに292号の方が良かったです。観光で訪れる方は是非とも292号を草津方面から向かわれることをお勧めします。

さて。

軽井沢に着いたのが4時前。本日の目的は果たしたので、ここで真っ直ぐ帰っても良かったのですが、高速に乗って帰るとあまりにも早すぎるだろうということで、下道から甲府方面へ抜けてみようと思い立つ。

で、141号で佐久の辺りを下っているときに、ふと「そう言えば、近くに国道高位第二位の峠があったよな」と思い出す。せっかく第一位に到達したんだからついでに第二位も通っておくか、ということで、299号を右に曲がり、麦草峠へ。

e0024426_19524629.jpg

いやぁ、我ながらアホです。

で、勢いでここまで来たのはいいものの、麦草峠を越えると諏訪に出ちゃうんですよね。で、諏訪から高速に乗るのは何だかなと思い、うにうに裏道を抜けて小淵沢まで。ここで甲州街道に合流して甲府目指して走るものの、さすがに途中で力尽きて韮崎ICから中央道に乗って一気に帰宅してしまいました。

最後双葉SAでも給油。原油高などどこ吹く風、一日二度もハイオク満タンにして走りぬいた距離はおおよそ560~570kmほどになり、自宅にたどり着いたのは、夜11時をまわっていました。

ところで、タイトルの何がロマンティックで、何がメルヘンなのかと言うと、本日の前半に走っていた道(草津から軽井沢に抜ける辺り)が「日本ロマンティック街道」という名称で、後半に走っていた麦草峠の辺りが「メルヘン街道」なのです。でも、麦草峠なんて両側から草が生い茂って道に覆いかぶさってくるような山道で、当然街灯などなく、夜はお化けも見えないくらい真っ暗。こんなところに女のコを連れてきて「メルヘンだね」なんて言うと、引っぱたかれること請け合いです。だからこそメルヘンなのかもしれませんが。。。
微妙なネーミングセンスだ、ウーム。(-"-;)
[PR]

by kcchicago | 2006-07-26 23:59 | Evo IX | Comments(0)
2006年 07月 25日

明日は代休

そして本日はほぼ定時ダッシュ。

今夜から出かけようかと思ったけど、さすがに朝が早かったので、今運転しに出たら、激しく電柱とディープ・キスの予感。

というわけで、今晩はさっくりと早めに寝て、明日の朝から出かけることにします。

取りあえず、以前から行こうと思っていた志賀草津の渋峠(国道 標高第一位)にでも行ってみようかと思っています。平日ですが、「一緒に行ってやるぜ。( ̄ー ̄)ニヤリッ」という方がいらっしゃれば、ぜひ御一緒に。

ではでは、オヤスミナサイ。。。(早過ぎる?)
[PR]

by kcchicago | 2006-07-25 20:31 | Days | Comments(0)
2006年 07月 23日

サーモンですね。

寮の食堂での一コマ。


食堂の人:今日のお魚は、鮭とカレイと鯖の中から選べますけど、何になさいます?

自分:じゃあ、鮭でお願いします。

食堂の人:分かりました、サーモンですね。

自分:(・・?) エッ


いや、確かに何にも間違ってないんだけど。。。

ウーム。(-"-;)
[PR]

by kcchicago | 2006-07-23 21:52 | Days | Comments(0)
2006年 07月 23日

さくらの山

(ようやく今日の日記に追いついた。(^。^;)フウ)

中途半端な天気の日曜日。あまり遠くに出かける気もせずに、普段は夜ドラでまわっているコースを昼間に通ってみることにする。

というわけで、先週と同様、多摩川沿いをひたすら南下して、浮島ICから湾岸線へ。微妙な天気で微妙な時間だからか、思ったより空いている。そして、サクッと千鳥町で降りて、県道を北上し、印ドトまで。

日中はさすがに印ドトも混んでいるので、給油してコーヒーだけ買って、久々のシオヤへ。昼間来たのは初めて。トラックや仕事中のバンが数台停まって昼寝をしている他は誰もいない。昼食も取らずにここまで来たので、チーズバーガーと天ぷらうどんを食べて、それでもおなかが減ったいたので、チョコあ~んぱんを購入。何ともジャンクな昼飯。

まだまだ時間はあったので、帰り際に成田空港近くの「さくらの山公園」に立ち寄る。ちょうど滑走路の北辺に接する高台の公園。感覚的には頭上スレスレと思えるほど近くをジャンボ機が通りすぎ、着陸して行く。

一分間隔で着陸、離陸、着陸、離陸。ホントに着陸した飛行機が滑走路からそれたと思ったら、同じ滑走路を使って別の飛行機が飛び立っていく。よくあんなの精密にコントロールできるもんですね。

で、しばらくぼけーっと飛行機を眺めた後は、成田ICから高速に乗ってまっすぐ帰宅。およそ6時間、250kmほどのプチ・ドライブでした。
[PR]

by kcchicago | 2006-07-23 21:45 | Evo IX | Comments(0)
2006年 07月 22日

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』

(バックデートで週末の日記を更新 その4)

いつもながら、世間の流行には2歩くらい遅れて手を出す自分ですが、フラリと寄った書店でたまたま手に取り、購入してみました。

筆者の柔らかな筆致に触れて読み進めるごとに、どうしても自分の母親のことを思い出さずにはいられず、それでも最後まで泣くことはありませんでしたが、読後は非常に暖かな気持ちになれました。

というわけで、愛しい家族や大事にしたいと思える相手が身近にいる人や、あるいは全く逆に一人で孤独感に苛まれている人や、色んな人に読んでもらいたいと素直に思える本でした。良書だと思います。
[PR]

by kcchicago | 2006-07-22 21:28 | Days | Comments(0)
2006年 07月 22日

銀座ダンシング・フィーバー

(バックデートで週末の日記を更新 その3)

さあ、せっかくのFriday Nightよ!踊りなさい、Baby!!

というポーラの声に乗せられて、一同踊り狂った金曜の夜@銀座NB Club。

今夜の主賓であるところのY元主任ことYさんを筆頭に、スーツを着たサラリーマンやおふぃす・れいでーな皆さん20人ほどがステージの前でひしめき合って踊っている様は壮観だったと思います(自分も踊っていたので客観的にはよく分かりませんが)。

その後は有楽町のガード下で、ホッピーや電気ブランを嗜み、最後は宮崎台駅前の和民で2時過ぎまで語り明かす、非常に濃い夜でした。でも楽しかったです。
[PR]

by kcchicago | 2006-07-22 21:21 | Days | Comments(0)
2006年 07月 21日

Debtか、Equityか?

(バックデートで週末の日記を更新 その2)

週の半ば頃に議論が提起された本件ですが、資金の出し手が同じで、返済順位に優劣がないのであれば、基本的にどちらでも同じではないか、と。

いや、単純にEquityに対する配当は二重課税の問題を克服できないことを考えると、議論するまでもなく、Debtにすべきなのではないか、と。

MM理論を持ち出すまでもなく、資金の使い道と調達方法の間には定性的なつながりはないわけであって、投資する側からは予測されるCash Flowのパターンとその確実性を気にしていればいい(収益のフローが安定しているほど多めにDebtを入れられる、等)。

で、資金ソースについて言えば、Pecking Order理論を持ち出すまでもなく、確実に儲かることが分かっている(というケースは現実には少ないけど)、あるいは最後まで面倒を見る気があるのであれば、外部ソースなどに頼る必要はない。

変に業績評価なんて絡めて議論を複雑にする必要はないと思うのですが。。。
[PR]

by kcchicago | 2006-07-21 21:10 | 仕事 | Comments(0)
2006年 07月 21日

同じことをやるにも

(バックデートで週末の日記を更新 その1)

最近取り組んでいる新規案件は最早パズルのような様相を呈していて、弁護士、税理士、会計士等のプロフェッショナルの人たちを交えながら、様々な検討が進む。「なるほど、そんな見方もあるのか。。。」と。

しかし、同じことをやるにしても、ちょっとスキームを変えるだけで、法律、会計、税務のリスクは随分と異なってくる。しかもスキームによって、それぞれのリスクの順番が違ってくるからややこしい。ある意味、法の不備なのかもしれないけど。

あと、「社会の一員として支払うべき税金をきっちり支払うこと」と「節約すべき税はしっかり節約すること」は何ら矛盾しないと思うのですが。投資促進のために設けられた優遇措置とか一切検討もせずに、だらだらと社外流出を続けるより、そういう措置を活用して上手に投資し、結果として収益を上げて、その分の税金をきっちり払えばいいのではないか、と。

日本の企業は何かと経常利益を重んじる傾向があるようですが、ホントに大事なのは税後だと思いますよ。
[PR]

by kcchicago | 2006-07-21 21:03 | 仕事 | Comments(0)