それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 30日

品川ハイホー400km

土曜日は品川で「旧品川宿の伝統料理を味わおう」というイベントがあったのですが、「せっかくだから事前にちょっと寄り道して行こう」と、Yリーダーと話し、

何故かここのベーカリーで売ってた北海道コロッケがとてもおいしく
Uさん御推薦のカレー屋でベーコンエッグカレーを味わい
少し肌寒い高原でソフトクリームに挑戦し
あまりの寒さに星空の天井(と言っても、昼でしたが)は断念し
時間があったので、珍しく雑貨屋なんかで買い物もしつつ
滑り込みでたい焼き入手して
無事に品川にたどり着きました。
たどり着くまでに400kmもかかりましたが。。。

品川では「ハイホー♪ ハイホー♪」という歌詞とは裏腹に疲れ切って力ないお姉さんたちの歌声を背にしながら、Mさん、Nさんと合流。

「品川丼ってecuteの中にあるんでしょ?」と期待に胸を膨らませるNさんを連れて、まずはecuteを案内した後、品川丼へ。

いや、笑いが通じるNさんで良かったです。。。(;^_^A アセアセ・・・

10時間以上かけてたどり着いた品川丼をあっさり10分で食べ終えた後は、グランパサージュで話し込み、結構な時間になってしまいました。

ご参加頂いた皆さま、お疲れさまでした!


上にも書きましたが、コロッケは想像よりはるかにおいしかったです。
ベーコンエッグカレーは、ベーコンとエッグのマッチングが絶妙でした。
ソフトクリームは寒い中頑張って食べた甲斐はありました。本当においしかったです。
たい焼きは甘いもの大好きMさんが賞賛するだけあって尻尾までぎゅっと餡が詰まってました。
コールドストーンクリーマリーもいずれ挑戦したいと思います。


e0024426_1134591.jpg
まずはコロッケ

e0024426_11352189.jpg
そしてベーコンエッグカレー

e0024426_1135553.jpg
高原のソフトクリーム

e0024426_11362076.jpg
締めのたい焼きです







あれ?今日のメインは。。。(・・?)






e0024426_11372526.jpg
そう、品川丼です!
[PR]

by kcchicago | 2007-09-30 11:22 | Colt VR | Comments(5)
2007年 09月 27日

LinkedIn

何となくGSBの知り合いに誘われて加入している米国のSNS。

今朝の日経に「ビジネスの交流の場として、転職関係の情報が云々」みたいな記事が載っていて、「SNSで転職はないだろ!?」と思ってたのに、今日帰宅してみたら、ニッチな分野のリクルーターから転職の案内が来ていました。

現時点では転職する気は全くありませんが、少し「ほぉーっ」と思いました。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-27 00:00 | 仕事 | Comments(0)
2007年 09月 24日

ナッチャンの旅 最終日

さて、本日は帰るだけと言えば帰るだけなのですが、せっかく青森まで来たので、昨年三内丸山遺跡の隣に開設された青森県立美術館に行ってきました。

e0024426_2359316.jpg


ここの目玉と言えば、当然「アレコホール」。アメリカへ亡命していたシャガールがバレエ「アレコ」のために作成した14m×9mの舞台用背景画が、部屋の3面にドーンと展示してある。

入場していきなり、このアレコホールなのですが、その迫力たるや、圧倒的です。幻想的な第1幕、牧歌的な第2幕の背景画と、悲劇の象徴である第4幕のそれとがあまりに対象的で、解説を読みながら、それぞれの背景画の前で繰り広げられたであろうバレエの舞台を想像すると、それだけで「アレコ」を堪能したような気分になれます(ええ、もちろんバレエの「アレコ」は観たことはありませんが)。

アレコホールだけで満足だったのですが、それ以外の展示も観てみようと、グルッとまわる。

知らなかった。奈良美智や寺山修司も青森出身だったんですね。奈良美智の描く女の子って、可愛いんだけど、ちょっと怖いんですよね。子供は無邪気だけど、それだけに残酷なところもあって、それだけ子供をよく観ているということか。

あと、一時期ネットで有名になった「orz」のでかい空間造形もありました。これも奈良美智の作品とは知りませんでした。そして、「奈良美智って、子供だけじゃなく、犬をモチーフにした作品も多く作ってるんですよ。('-'*)ウフ」と教えてくれた学芸員のお姉さんがとても可愛かったです。

美術館を出た後は、一目散に帰路へ。3連休の最終日なので、当然都心間際では渋滞してましたが、普段、中央や東名で鍛えられている身には、東北道の渋滞なんて軽いもの。外環を大泉で降りた後は、環八が奇跡的に空いていて、余裕を持って部屋に帰ってこれました。

この日の走行距離は750km。3日間トータルでは1,750km。二日目に日和ったために思っていたほどは走りませんでしたが、久々に思い切り走れて、とても楽しかったです。ヾ(≧▽≦)ノ
[PR]

by kcchicago | 2007-09-24 23:59 | Colt VR | Comments(2)
2007年 09月 23日

ナッチャンの旅 二日目

さて、二日目にして、ようやくナッチャンです。

気温15度、潮風が肌に心地いい朝の青森港で、ナッチャンの登場を待ちます。

e0024426_2324119.jpg
まさに接岸しようとしている、東日本フェリーの高速船「ナッチャンRera」号。
「Rera」はアイヌ語で「風」を意味するんだそうです。

実は今月から就航しているナッチャンですが、色々とすごい船でした。
これまで3時間50分かかっていた青森~函館航路を、何と1時間45分に短縮。オーストラリアの造船所で作られた双胴型の高速船で、航海速力は満載時でも36ノット!? それでいて、乗船していてもほとんど揺れは感じず、快適そのもの。最大搭載人員800名を収容する馬鹿でかいキャビンから、ほぼ全周囲が見渡せる眺望の素晴らしさ。
造船メーカーの社員としては、こういう船を自社が作れなかったのか、と悔しく思うばかり。

しかし、今月就航したばかりで、今は満員だからいいのですが、今後はどうなるのでしょうか?
(色々、書いてから消してしまいましたが)こういうフェリー航路も日本の文化の一つだと思うので、再建途上の苦しい経営状況ではありますが、東日本フェリーには頑張ってもらいたいところです。

そして、お昼に函館到着。

別に観光に来たわけではないので、函館の中心部には向かわずに、いきなり郊外へ。でも、お腹が減ったので、適当にその辺の回転寿司屋へ。

あまり期待せずに入ったのですが、大当たり(北海道ではこれが普通?)でした。

サーモン!ヾ(≧▽≦)ノ
ウニ!ヾ(≧▽≦)ノ
中トロ!ヾ(≧▽≦)ノ

と、寿司を口に入れるたびに悶絶していたので、変な客だと思われたかもしれませんが、非常においしかったです。一皿125円のサーモンが何であんなにおいしいかな?いや、北海道、素晴らしい。

その後は、海沿い228号をひたすら走り続ける。穏やかな青い海を眺めながら、「快走路」という言葉がふさわしい道を、ただひたすらに。

e0024426_2342416.jpg
脇道にそれて、空の青と、海の青と、軽やか号の青。
こんなに素晴らしい道なのに、交通量はほとんどなく、海の様子も漂う空気もとても穏やか。

しかし、ひたすら快走路を走り続けたためか、すぐにお腹いっぱいになり、江差まで行ったところで、函館に戻ってしまいました。時間的には、大沼に出て恵山岬にまわる余裕もありましたが、翌日のために体力温存。車を停めて、函館の街をぶらつきました。

e0024426_2347912.jpg
夕食のウニイクラ丼。
考えてみたら、昼も夜もウニを食べてます。

そして、夜11時にまたもやナッチャン。これで一日2ナッチャンです。

青森港に着いた頃には日付が変わっており、今夜も青森泊。前日も、この日も青森の温泉に泊まりましたが、青森県産のヒノキである「ひば」で作られた「ひば風呂」が、ヒノキの香りも心地よく、運転疲れが癒された感じでした。

この日の走行距離は230km。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-23 23:59 | Colt VR | Comments(2)
2007年 09月 22日

ナッチャンの旅 初日

さて、突発的に決定したナッチャンの旅 初日です。

いつも通り、朝はのんびりしていたので、出発したのが10時半過ぎ。

3連休の初日とあって、都内は当然大渋滞。246もかなりひどかったけど、首都高3号渋谷線に乗って、ぴくりとも車列が動かないのを見て、唖然としつつ、乾いた笑いが込み上げる。

結局、東北道にたどり着くまでに2時間ほどかかりましたが、東北道に入ってからは渋滞なしで快調そのもの。きっちり自分のペースを保ちながら青森まで快走。

e0024426_23181655.jpg
写真は、前沢SAで食べた前沢牛のステーキ。
上り方面だと8,000円のステーキセットがあるようですが、下り側には3,900円のものしかありませんでした。
前沢牛はもちろん、そこそこおいしかったですが、これで3,900円は高いような気がします。こっちで食べた佐賀牛の明らかにリーズナブルなような。まあ、比べるな、って話ではありますが。

本日の走行距離は770kmでしたが、渋滞のない東北道の快適さのために、実家に帰省するときの600kmよりもはるかに楽でした。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-22 23:59 | Colt VR | Comments(0)
2007年 09月 21日

単純な

今日はお給料日でした。

「これでまたきちんとご飯が食べられます。感謝感謝。」と思っていたら、今日の夕食は残業の合間に食べたサンドイッチ+菓子パン+紫の野菜(野菜ジュース)計400円ちょうどでした。

でも、結構おいしかったので、本人としては満足です。ヾ(≧▽≦)ノ

帰宅してから、「ま、まど拭かなきゃ。車の窓、拭かなきゃ。(・・;)」と思って、軽やか号の窓を内側からせっせと拭いてました。窓の内側が汚れていると、すぐに曇ってしまうので、北海道に行く前に綺麗にしておこうと思ったのですが、せっせと拭いてピカピカにしているうちに、何だか楽しくなってきました。ヾ(≧▽≦)ノ

なので、大方の予想に違わず、その勢いで走りに行ったのですが、ピカピカの窓&クリアな視界で運転してると、これまた楽しくなってきました。ヾ(≧▽≦)ノ

BGMにはミスチルの『しるし』をリピートしていたのですが、運転しながら歌っていたら、楽しくなってきました。ヾ(≧▽≦)ノ


最近、自転車に乗っていても、食事をしていても、歌っているときはもちろん、運転しているときも、仕事をしているときでさえ、「KCって、いつも楽しそうでいいよね。」とよく言われます。

間違えました。「最近」ではなく、昔からずっと言われ続けています。

近頃は、例えば初対面のMBAアプリカントの方にお会いしたときも、「日記読んでますけど、いつも楽しそうですよね。」とか、言われたりします。


で、これまた最近思うのですが、多分、自分の頭は普通の人よりずっと単純にできているのでしょう。
おいしければ「おいしい。ヾ(≧▽≦)ノ」
楽しければ「楽しい。ヾ(≧▽≦)ノ」

そして、そんな単純な自分に生まれたことを何より幸せだと思います。

「いつまでも、それでいいのか?」と思わなくもないですがね。。。 _(^^;)ゞイヤー
[PR]

by kcchicago | 2007-09-21 00:43 | Days | Comments(6)
2007年 09月 19日

ナッチャン。

今からでもチケット取れるのかなぁ?と思っていたら、問題なく予約できました!

というわけで、誰か函館の名所&おいしいものを教えて下さい。(`・ω・´)
[PR]

by kcchicago | 2007-09-19 22:44 | Colt VR | Comments(3)
2007年 09月 18日

残念ながら3連休。

ぽかっと、予定が空いてしまいました。

結構楽しみにしていたのですが。。。(´・ω・`)

仕方がない。昨日の予告通り予行演習ドライブにでも行くか。
あるいは、ナッチャンreraで北海道でも行くかなぁ。。。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-18 21:41 | Days | Comments(0)
2007年 09月 17日

ある日のドライブ計画

こんな感じです。

まあ、無茶なのは分かっているんですが。。。(´・ω・`)

どれだけ無茶なのか、来週にでも試してみようと思います。(`・ω・´)
[PR]

by kcchicago | 2007-09-17 20:05 | Colt VR | Comments(6)
2007年 09月 17日

麻布十番ギャル神輿

連休二日目もチャリダー。この日はポイントが多かったので、順を追って箇条書き。

・まずは朝からチャリで品川へ。所要時間2時間弱。既に披露困憊気味。

・品川に着いたところで某氏よりちょっと残念な電話。外野の意見よりも当人同士の気持ちが大切だと思いますよ。

・お昼御飯は最近よく行くタイ料理屋でガパオ。おいしかったです。

・足が回復しなかったので電車で麻布十番へ。ウェンディーズにて、(こちらも気付かなかったけど)隣の席に当方がいることに全く気付かずハンバーガーを貪り食うK龍さんや、1mの距離に我々二人がいることに気付かず「あれ?あの人たちはどこにいるんだろう?(・・?) 」という顔をしているMさんと合流。

・無事にYリーダーとも合流したのが集合時間15分前。言い出しっぺのHさんが来ていないのだが、集合時間頃には皆待ちくたびれていて、「Hさんとギャルとどっちが大事なんだ?」というリーダーの問いかけに、あっさりHさんを置いて出発。1分半遅刻しただけだったらしいのですが、Hさんが到着した頃には待ち合わせ場所には誰もおらず。

・麻布十番と言えば、「たい焼き3大有名店の一つがあるところですね?」というMさんのセリフに、まずはたい焼きの「なにわや」へ。一時間待ち!?に若干驚くものの、後からゲットしたたい焼きは美味。「オレは甘い物が好きなんじゃない。甘い物が大好きなんだ!」というMさんの名セリフも。

・そしてギャル神輿の本人登場。いつもはギャルなのですが、法被を着こなし、チャキチャキの江戸っ子になってて、結構びっくり。いや、こちらが本性なのか。

・そして何故か法被を着こなしたまま、アラレちゃんと化す本人。両手を横に広げて、「たったった」というリズムで駆ける姿を目撃したYリーダーが「アラレちゃんだ!?( ̄□ ̄;)!!」と衝撃を受けていました。(その姿は見逃しました。残念。)

・他の観客が連れている犬が何故か必死でずうっとビニール袋をくわえているのが、やたらと気になる。しかも時々キューンキューンと鳴きながら。K龍さんがビニール袋を奪い取ろうと試みるも、Yリーダーに阻止される。

・置いていかれたHさんも合流。この後、「人の話を聞かない」、「携帯の電源がいつも切れる」と一日中言われておりました。

・そして神輿見学。どうでもいいのですが、神輿を担いでいる人たちの背が一様に高く、それに連れて神輿が担がれている位置が異様に高くなってて、本人はぶら下がる形(?)になってました。

・しかし、全くの同年齢だと言うのに(「オレは21歳だ」と言い放ったHさんは別として)、神輿を担いでいるのは明らかにギャルである一方、観ている我々は明らかにおっさんでした。若いというのは年齢ではない、ということですな。

・場所を移して渋谷。ハチ公広場で自民党の政治家が誰か演説している模様。そして、広場にはものすごい数の警官。そして道にはすごい数のパトカー&特殊車両。とても偉い人が来ていたのか?

・ルノアールで少しだべった後、一旦離脱。

・品川に戻って野暮用をこなし、チャリをピックアップして、再び渋谷へ。所要時間一時間。まだ足が回復していない?

・お腹が減ったので、某ステーキハウスへ。「あ、何故先ほど別れた皆が!?( ̄□ ̄;)!!」、「何故、1階にK龍さんらしき店員が!?( ̄□ ̄;)!!」とお約束をしつつ、2階席へ案内される。「1階席が空くまで待ちましょうか?」という提案がHさんからなされるも「それよりお腹が減った」と言って2階席で食事。でも最後は制服姿で働くK龍さんを激写して解散。

・これでメデタシメデタシと思いつつも、これからチャリで帰らなきゃいけなかったんだ。。。渋谷から246を下って、多摩川を越えて、ひたすら自宅まで。所要時間二時間。もう完全にヘロヘロになっている証拠。

・やっと、自宅にたどり着いたのが夜1時前。もうあんまり若くないということですな。。。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-17 10:25 | Days | Comments(3)