それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 17日

チャリダー初日

ここのとこ、R姉さんに紹介された渋谷の某整骨院に入り浸り、肩凝りから来る頭痛は劇的に緩和されたものの、「そもそもの原因は運動不足だ」ということで、この3連休はできるだけ身体を動かそうと思う。

というわけで、3連休初日からチャリダー。何だかんだで夜10時半頃から自宅を出発。

近場ということで尻手黒川をひた走る。いつもは尻黒沿いにJR貨物の下をくぐっていくのだけど、地図をよく見ると、尻黒をくぐらないで貨物線に並行して走る道があることに気付き、そちらにトライ。

・・・。

怖かったです。

この辺りは土地柄、若干スラムっぽいと言うか、寂れて人通りも少なく、貨物線沿いで民家もなく、街灯はあるものの誰も人はおらず、そしてたまに貨物線をくぐる小さくて暗くて長いトンネル。

そして、そんなトンネルの一つにパトカーが。そう、よくよく考えてみたら、ここはまさに昨年末に通り魔事件があって、女性が一人亡くなった現場。たとえそのような事件がなかったとしても、この道を夜一人で歩いて帰宅するのは相当怖かったはず。あの事件、重要参考人らしき人物の身柄が確保されたニュースはありましたが、その後、犯人と判明したという話もなく、実際のところ捜査はどうなっているのか?亡くなった方の御冥福と、その後被害にあって重傷を負われた方の回復を祈っています。

その後、野川団地を抜ける道にトライしてみるも、いきなりのロング上り坂でダウン。一応、上りきったものの足ガクガク。この団地って、電車の駅からはとてつもなく遠いのだけど、バスがない時間になったら交通手段はどうすればいいのだろうか?

何だかんだで、疲れ切って寮に戻ってきたら、「あ、部屋に入れん。。。」

部屋の鍵を中に閉じ込めてしまったらしい。こんな時間に寮長をたたき起すわけにもいかず、結局寮のロビーにあるソファに寝っ転がって一夜を過ごす。

連休初日はこんな感じ。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-17 09:58 | 自転車・バイク | Comments(0)
2007年 09月 16日

限定責任自己信託

最近、ぼけっと信託法関係の本を読んでいて、限定責任自己信託で何か面白いことはできないかなぁと思っています。

「スキームにウルトラCなどない」と言っておきながら、何ですが、日本初のカーブアウト案件が終わってからしばらく込み入ったスキームの話がなく、やや無聊をかこち気味だったので、財務の担当者として、たまには新しいこと(面白いこと?)に積極的に取り組まないと。

わざわざSPCや有限責任事業組合を作ったり、トラッキング・ストックを活用したりするよりも、色々と柔軟に決められれば面白そうです。

でもネタがないなぁ、と思っていたところ、ネタの方から飛び込んできてくれそうな気配も。やはり、担当業務以外にあっちこっちに首をさしはさむのが、面白い仕事に行き当たるコツのようです。

ただ、やっぱりスキームにウルトラCはないので、結局は事業そのものの採算性と、出資者同士の取り分を巡る綱引きによって、実質的なあり方が決まって、スキームはそれに使いやすいものを仕上げるだけにはなるのでしょうが。

というわけで、首を突っ込んで引っ掻き回した挙句、不採用になる、というのが最もありそうな結果かとは思いますが、せっかくなので色々と検討させてもらおうと思います。主担当の方、ゴメンナサイ。

そして、誰か自己信託を巡る会計と税務のあり方をレクチャーして下さい。御礼に品川丼をご馳走します。。。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-16 10:08 | 仕事 | Comments(0)
2007年 09月 13日

LANCER EVOLUTION X

何も言っていなかったのに、馴染みのディーラー氏から先行プロモーション用の大判カタログが送付されてきました。さすが、こちらのツボを良く心得ていらっしゃる。。。

以前に乗っていたエボ9を一年半で降りて、「軽い車がいい」とコルトVRに乗り換えてからまだ半年。


ええ、買い替えませんとも。

絶対に。

きっと。


くそぅ、カッコいいなぁ。

4B11、味わってみたい。

ツインクラッチSSTも試してみたいなぁ。

でも、それよりS-AWCがどれだけ曲がるか、乗ってみたい。


ええ、買い替えませんとも。

多分。。。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-13 22:18 | | Comments(6)
2007年 09月 13日

『VOCALIST 3』

さすがに少し涼しくなってきて、ようやく秋の訪れを感じる夜に、徳永英明の『VOCALIST 3』を聴きながらまったりしています。

以前、街中で『ENDLESS STORY』を聴いて、「へぇ」と思い、『恋に落ちて』や『桃色吐息』がカバーされているのも知っていたのですが、『わかれうた』や『Time goes by』、『CAN YOU CELEBRATE?』なんかも歌っていたんですね。

ところで徳永英明と言えば、当然ながらその声質がクローズアップされることが多くて、「スモーキーで甘い歌声」なんて評されていたりするわけですが、あえて批判を承知で言えば、声質そのものって、そんなでもないんじゃないか、と思ったりするのです。もっと言っちゃえば、ちょっと変な声じゃない?

むしろ「声質そのものが素晴らしいから」という点ではなく、「ちょっと変わった声を『素晴らしい声』だと聴いている人に思わせる」点に、プロの歌手としての素晴らしさを感じるわけです。

世の中で活躍する多くの人たちって、中には生まれながらにしてすごい人もいるのかもしれないけど、その多くは「ちょっと人と変わった特徴」でしかないものを「素晴らしい資質」へと昇華させていて、その影にはやっぱり弛まぬ努力や、表には出ない苦労なんかもあるんじゃないかな、と思う。それを乗り越えて普通の人にはない何かを手に入れた人がプロと呼ばれるんだろうな、と。

だから、まあ、生まれながらにしてすごい人ではない自分も、いずれどこかに到達することを思い描きながら、日々当たり前の努力をしていこう。なんて、思ってしまいました。

昨日から変に説教くさいけど、最近「当たり前の努力」の重要さや、それが花開いたときの素晴らしさ、それをできないことの愚かしさを、まざまざと目の前で見せられることが続いているので、ちょいと御容赦下さい。。。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-13 22:10 | 音楽 | Comments(0)
2007年 09月 13日

仕事の上で思うこと。

最近よく思うことをつらつらと書き連ねてみます。

・経営者、あるいは事業家にとって最も大事な資質の一つだと思うのが「当事者意識」。俗っぽい言い方をすると、「これはオレのビジネスだ」という意識。そしてそこから来る責任感と覚悟。いくら組織人として優秀でも、これがないと所詮歯車の一つ。

・コンプライアンス違反は純然たるマネージメント・イシュー。暗示的で逃げ道のない指示を出すことにより配下の人間を追い詰めていることに気付けない人間には、管理者たる資格はない。

・「現場を知る」という言葉に酔いしれて、現場の事情に流され過ぎていないか?

・管理部門の仕事は、営業部門が当たり前の努力を当たり前にできるように支援すること。決して、ウルトラCを編み出したり、不正な処理に目を瞑ったり、怪しいスキームの外面だけを綺麗に整えてやったりすることではない。

・例えばうちの会社にとって当たり前の努力とは、じっくりと要素技術を開発し、市場のニーズにあった製品化につなげ、その価値を顧客にしっかり認めてもらい、おかしなリスクを背負い込まないよう適正な契約を結び、大過なくプロジェクトを遂行し、顧客の満足を得るとともに社としてきっちり収益を上げること。我々はそのためにこそ努力すべきであり、裏道や抜け道やウルトラCを編み出すことに血道を上げるのは、時間の無駄である。

・入社して10年近く、「ウチは上司がバカだから」とか「上の頭が固いから」という愚痴やボヤキを聞く機会が多かったが、結論として、間違っているのは若手の方である事例が圧倒的多数。それは視野の違い。自部門や担当プロジェクトのことしか見ていない人間と、社全体のことを見ている人間と。ウチの会社の経営陣は、若手が思っているより、はるかに優秀ではないか。


いくつか矛盾することも書いていますが、これがここ最近の偽らざる本音かな、と。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-13 00:33 | 仕事 | Comments(0)
2007年 09月 09日

夜の羽田空港

結局、9時半くらいに部屋を出て、まずは西へ。

鶴川街道の手前辺りで夕食を取って、帰ろうかなと思って東へ向かっていたら、何故か羽田にいました。

夜12時過ぎの羽田空港も風情があって、いい感じです。

その後、ナビの指示するままにとんでもない道を通らされて、「これは面白い」などと思ったり、まだまだ都内にも知らない道はあるもんですね。

品川でまったりしてから帰路へ。

いやぁ、あてもない夜ドラ、楽しいです。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-09 02:05 | Colt VR | Comments(2)
2007年 09月 08日

休養中

今日は本当なら須玉にでも下見に行こうかと思ってたのだけど、日中に急にダメダメになって、一日中部屋で休んでました。

しかし、お腹が減った。これから夕食がてら軽くドライブでも行こうか。。。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-08 19:59 | Days | Comments(0)
2007年 09月 08日

台風一過。

昨日の晩から風の音がうるさくてよく眠れないままの目覚め。

台風で電車が停まってたら、大手を振って休めるぜ、と思ったものの、田園都市線と山手線は何事もなく通常通りの運行。そして何事もなく、いつも通りの時間に出勤。電車はガラ空きでしたけどね。

で、午前からバタバタ仕事をしていると、お昼頃にはもう完全に晴れ渡って、昼過ぎから夕方にかけては、陽の光がまぶしいほど。外気温もグングン上がって、まさに台風一過の様相。

そして、夜は7631の会。大阪から台風の中を突っ走ってきたTさんと、大荒れの海を八丈から泳いできたUさんに、まずはびっくり。

一次会は途中からの参加だったけど、Kさんが漢の道について語る語る。そして、女性陣は恋愛と結婚の関係について語る語る。もちろん、後者はしっかりメモを取りましたとも。

二次会では、初めて聞くMさんや、珍しく積極的に歌うKっちょの歌声に惚れ惚れする。そして、全開のYリーダー。ノリノリのときは左手がブンブン動くのね、と思いつつ、相変わらずなセミプロの歌声で何より。

しっかりお母さんに仕込まれたMs. Dreamのダンスにも癒され、台風一過の暑く熱く楽しい夜は過ぎていくのでした。

帰路はYリーダーに託されたむき出しの大福を持って、山手線と田園都市線のラッシュにもまれていました。残念ながら、知り合いには誰とも会いませんでしたが、密かにシチュエーションとしておいしいと思っていたのは内緒です。

というわけで、二つ目のこごめ大福、頂いてしまいました。めちゃめちゃおいしかったです。
Aさんにお持ちいただいた「ご黒うさん。」も、そのネーミングにやられてしまいました。
笹かまぼこもちゃんと持って帰ってます。
Uさんに頂いた果物は早速明日にでも挑戦してみます。
ラスクは予想よりもおいしかったです。
味噌ラーメン味のキャラメルは予想よりも。。。

今日ご参加の皆さま、お疲れさまでした。無事に帰れましたでしょうか?
また近いうちにゆっくり遊びましょう。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-08 01:24 | Days | Comments(8)
2007年 09月 03日

世論が人質

最近のマスコミの報道内容は、あまりにも世論誘導的と言うか、空気や波を作ることにばかり血道を上げているような気がするのだけれど、最近は社会もちゃんとそれを分かっていて、いかに自分に有利なように世間の空気を作り上げるか、ということに腐心しているような気がする。

今日、先ほどヤフーにアップされたニュースを見て思ったけど、「確かに先にそう言われれば、こう言わざるを得ないだろう」というのがおそらくは国民の共通理解として存し得るのだろうとは思うけど、本当にそれでいいのか?

これはマスコミのレベルが低いのか?「こうすれば視聴率が取れる」とマスコミに思わせて、現にそうなってしまう視聴者のレベルが低いのか?対象になった事案では、人が一人亡くなっているのだが、こんな下らん世論誘導合戦の材料になるほどその人の命は安かったのか?

いずれにせよ、ワイドショーのコメンテーターが言っていることを無批判に真に受けるような人間にはなりたくない。最近の風潮には、少しうんざりだ。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-03 23:40 | Days | Comments(2)
2007年 09月 02日

久々に裏ヤビツ。

晩御飯を食べた後、しばらくまったりしてたのですが、何となく今日という一日に満足できず、軽く宮ヶ瀬&ヤビツを走ってきました。

ヤビツには宮ヶ瀬側から入ったのだけど、「10km先、路肩崩落により車幅2m超の大型車進入禁止」の表示が登場。でも、初夏に来たときはそもそも通行止めで通れなかったから、多少は改善したのか?と思い、突入。

あんな表示もあったし、きっと誰も来ないだろう、と高をくくって走っていたら、対向車が出てくる、出てくる。ヤビツの頂上に着くまでに、バイク1台、車7台とすれ違いました。しかも、そのうちの1台(馬鹿ハイエース)は、こちらが道を譲ろうと左に寄せて停まってて、右には十分にスペースを空けておいたにも関わらず、スレスレに突っ込んできて、しかもかなりの速度でミラーをぶつけられてしまいました。ガツン!って音がしたのに、そのまま走って行きやがるし。

下手くそなくせに、デカイ車で狭い道を走るんじゃねぇよ。。・゚・(ノД`)・゚・。

ところで、「路肩崩落につき大型車進入禁止」ってことは、平時なら車幅2m以上の車も走ってるってことですかね。それは少し勘弁して。

そして、表ヤビツ側は結構な盛況。相変わらず車で溢れかえってる菜ノ花台で夜景を堪能した後、帰路に着きました。

帰りは秦野中井ICから東名。NEWミニ(現行か旧型かは分からないけど)とポルシェが追いかけっこをしているのを追いかけながら快走。でも、ポルシェは途中で、フォーーーーンと吸気音を響かせながら、あっという間に点になっていきました。速いのね、やっぱ。

いつも通り東名川崎ICで高速を降りて、宮前平駅前を通ろうとしたら、いつぞやに引き続き、黒猫アタァーーーーック!!!

一瞬、全身総毛立つも、華麗なるブレーキングテクニック(単なるABS効かせまくりのフルブレーキング)で最悪の事態を回避し(減速している間に勝手に猫の方がよけただけ)、「フッ、命拾いしたな。( ̄ー ̄)」と嘯きながら、自宅にたどり着きました。

ハイエースのことさえ思い出さなければ、それなりに満足な夜でした。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-02 23:49 | Colt VR | Comments(2)