それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 30日

今朝の日経

何となく、2件コメント。

①金融安定化法案の否決

朝のNHKで「金融安定化法案が米下院で否決された」というニュースを見て、少しひっくり返りそうになりながら日経片手に出勤。、電車の中で「金融安定化法案 可決へ向けた動き」という、早くも古新聞になってしまった記事を読み、「ああ、よっぽどサプライズだったんだな。」と変な納得をする。

巻き返すんだろうけど、もう一回否決されたら、どうなるんだろうね?人気取りの党派的な活動も仕方ないのかもしれないけど、どんな優良銀行だって取付騒ぎが来たら潰れる、って分かってるのかい?テクニカルに資産の買取が最良の方法なのかどうかは分からないけど、さっさと市場に流動性を供給して騒ぎを鎮めてくれ。とか言ってるうちに、FRBが破綻するかもしれんけど。

②年金制度改革の具体的選択肢

今回出てきた3つの選択肢って、あんまりMECEになっていないというか、異なる次元のテーマを扱ってる選択肢を同列に並べているようで、そもそも選択肢になっているのかどうかもよく分かりません。と、そんな感想はともかくとして、年金の議論が出るたびに思うのですが、とっとと全額税方式にしちゃえばいいんじゃないですかね?

税方式のデメリットで「一時的な税負担が増加云々」とありましたが、その分、社会保障料が下がればチャラだろうし、メリット側を考えると、①基本的に未納者がいなくなることで課税ベースが広がり、真面目に年金保険料を払い込んでいた人は負担が減る、②やはり未納者がいなくなり、(消費税で賄うとしての話ですが)自営業者の正確な所得の捕捉云々による不公平感もなくなる、③(しつこく)未納者がいなくなることで、基本的には全員が払い込んでいるということを前提にし、「25年間」の受給資格を撤廃することで、「払い込んだのに受給できない」という事態を防げる、そして④(何気にこのインパクトはでかいと思うのですが)現在、社会保険庁と国税庁の2本立てになっている、国家権力を背景とした保険金・租税の徴収機構を1本化することで、社会的なコストを大幅に削減することができる等々、良いことづくめではないか、と思います。

「今まで払い込んだ記録はどうするんじゃい!?」と言っても、それは無茶苦茶にしてしまった人たちがいて、既にどうしようもなくなってますからね。

社会保障制度が不安定なままでいるよりは、多少税金が増えてもしっかりした制度になる方が良いのではないか、と個人的には思います。
[PR]

by kcchicago | 2008-09-30 23:46 | Days | Comments(2)
2008年 09月 30日

ゴーゴーカレー丼丼

何となく、微妙なお店が多い「品達」ですが、ラーメンも丼ものも一部のお店が入れ替わっていたようなので、久々に行ってきました。

というわけで、「ゴーゴーカレー丼丼」です。
「人気No.1」と銘打たれていたロースカツカレーを頼んだのですが、キャベツとカツが邪魔で、カレーの味はいま一つよく分かりませんでした。(´・ω・`) お客さんはそれなりに入っていたようですが、「金沢カレー」って、普通のカレーと何が違うんでしょうかねぇ。。。

あ、あと、量について言えば、下から二つ目の「エコノミー」が「普通の量」とされていますが、普通の人には多すぎると思います。最近のこういう(B級グルメの?)お店って、何だかやたらと量を出すお店が多いのですが、昔と違って少食になってしまった自分にはちょっと辛いです。。。
[PR]

by kcchicago | 2008-09-30 23:16 | Days | Comments(2)
2008年 09月 25日

広島名物 しかめっ面

e0024426_14938.jpg
広島出身先輩某氏の帰省みやげ。

可愛すぎて食べられません。そのまま、デスクに飾ってあります。
(ニコニコ笑顔の図柄もあったけど、しかめっ面の方が可愛いです。)
[PR]

by kcchicago | 2008-09-25 01:05 | Days | Comments(3)
2008年 09月 23日

美貌

じゃなくて、備忘です。ごめんなさい。

今、酔っぱらってるので、明日起きた時に覚えていたら、ちゃんと書きます。
どれも、世間のスタンダードとは少しズレた感想のようですが。。。


・絶望する、という感覚

・たっぷりの愛情と、たくさんの笑顔

・傷つくことのない高みからの議論

・破綻の実態
[PR]

by kcchicago | 2008-09-23 02:14 | Days | Comments(0)
2008年 09月 21日

浅草 和菓子巡り

お昼に浅草駅に集合。まずは軽くランチ。ここは非常に控えめにしたつもりだったが。。。

e0024426_2275958.jpg
まずは、京成曳舟駅から徒歩十分の「京島浪花家」。
ググッたところによると、餡がいっぱい入るように特注された鋳物型で作られているらしい。餡はてんこ盛りですが、さっぱりした甘さでおいしい。
でも、実は一つ目で早くもお腹が張ってくる。

e0024426_2213319.jpg
二軒目は、上記から徒歩20分の「向島 言問団子」。
和菓子の甘さに対する語彙がほとんどないので、ここも「さっぱり」という表現になりますが、三色とも異なる味でおいしかったです。黄色のヤツが一番人気だったか。
そして、ここでお腹は限界気味。

e0024426_22151986.jpg
上記のすぐ隣と言っていい場所にある「長命寺」の桜餅。
ここもやはり餡自体はさっぱりした甘さで、桜餅を包む葉っぱのしょっぱさとの組合せが絶妙でした。言問団子とはしごで来ているお客さんが多かったです。

e0024426_221983.jpg
四軒目は「写楽」。パリッとした皮で、とてもおいしそうだったのですが、個人的にはお腹がいっぱいで、食べられませんでした。無念。一軒目の「京島浪花家」が、もっちり系だったので、同じたい焼きと言っても、随分と違う食感だったようです(食べた人の感想による)。

これにて、本日のメインイベント終了。浅草寺の仲見世通りで日本刀を物色してみたり、豪雨とともに登場する雨男H氏の天運の強さ(?)に感心してみたり、最後はここで本当に最後の最後までたい焼きに挑戦するも売り切れだったりで、生憎の天候ながら楽しい一日でした。

そして、メインの内容とは関係ありませんが、自分の知らないところでも、すごい勢いで世の中は動いているんだな、と感じました。完全に流れに乗り遅れてるような気がしないでもないですが、まあボチボチ様子を見ていきましょう。
[PR]

by kcchicago | 2008-09-21 22:27 | Days | Comments(6)
2008年 09月 19日

殿下の放蕩

「伝家の宝刀」って書こうとしたら、こんな変換されました。
でも、この方がシチュエーションにあってるかも。マイPC、GJ。

まあ、なかなか抜けないからこそなんだろうけど、誰も見たことがないその刀身、いざ抜いてみたら竹光だったとか、そんなオチは勘弁してもらいたいものです。。。
[PR]

by kcchicago | 2008-09-19 00:04 | 仕事 | Comments(0)
2008年 09月 17日

生キャラメル

北海道出身の先輩某氏の帰省土産に一つ頂きました。

「口の中でキャラメルがとける」って、ある種の比喩表現かと思っていましたが、本当にキャラメルがとけてビックリ(◎o◎)!でした。あの感覚は病みつきになりそう。ブームになるのも、よく分かります。
[PR]

by kcchicago | 2008-09-17 23:39 | Days | Comments(4)
2008年 09月 16日

MBAで学ぶことの価値

すごい長文を書いたのですが、一旦全削除して。

「MBAで学んだことの価値」としては、「目的意識を持って学ぶこと」、「学んだことを目的意識を持って実務に活かせること」ができる人には、きっと多大な価値がある。そうでない人には、単なる学歴の記号的価値しかない。例えば、MBA以前に「大学で学んだこと」は実務上、どのような意味があるか?自分自身は大学の政治学の授業で学んだ「ハレとケの状況認識」や「『状況』的状況と『制度』的状況の違い」や、ゼミでひたすら読まされた『神皇正統記』とそこに記述されていた御成敗式目の考え方、勉強会で自由論や社会契約説をひたすら議論した法哲学の考え方は、今でも組織や制度のあり方を考えるときの自分の根底にある。別に自分が偉いと言いたいわけではなくて、人生のある時期に体系立てて学んだことは何だって人生の役に立つということ。「じゃあ、MBAじゃなくたっていいじゃん?」という人は、MBA以外の何かを学べばいい。それだけ。

「MBAのキャリア上の価値」としては、キャリア・チェンジのきっかけはなるし、そうしたいと思ったときに間口を広げてくれる効果はある。一種の記号的価値を生み出してくれるのも間違いない。

でも、MBAを取得して3年経って、それもそれなりに色々考える。40になったとき、50になったとき、60になったとき、誰がどれだけ生き残っているか?(「生き残る」という表現の定義を無視した暴論で申し訳ないけど)ファイナンスで言えば、キャピタル・マーケット系に行った人やアナリストとして偉くなろうとしている人はそれなりの確率で生き残るのではないか。IBDに行った人と、戦略コンサルに行った人は五分五分、その後の進路をどのタイミングで見出すのかによる気がする。事業会社に行った人は、あっちこっち転々としながらも、それなりに生き残っていそう、でも一ヵ所にいる期間が長い人の方が最後には良いポジションにいるように思える。おまけで言えば、自分のようにずっと日系の事業会社にいる人間は、現時点ではMBAを持っているキャリア上の意義はないけど、今後5年、10年、20年と経るにつれ、「持っていて良かった」という結論になるのではないか、と。


以上、激しく酔っ払った上での暴論、失礼。それだけに本音が出ているかもしれませんが。。。
[PR]

by kcchicago | 2008-09-16 01:35 | MBA | Comments(0)
2008年 09月 16日

最近の出来事

8月は2回しかブログを書いてないし、今月はまだ一回も書いていない。

特段目立ったトピックもありませんが、最近の出来事を例によって箇条書き。


・先週は文字通りお灸を据えられた。いつもの整骨院で鍼とお灸を同時にしてもらったのだけど、ガチガチだった肩が一瞬でフニャフニャに。鍼で神経をグリグリされる感覚は、変に病みつきになりそうです。

・その整骨院で「本当にジムに通ってるんですか!?」と疑惑をかけられ、そう言えば最近サボってるな、と3連休のうち2日ジムに行った。週2は無理でも、週1のペースは続けたい。

・軽やか号の走行距離は順調に伸びている。岐阜白川郷への朝帰りドライブや、昨日も夕食後に松姫峠を越えて大月まで行ったり。でも、帰りの中央道が大渋滞で、上野原で降りて大垂水峠を越え、八王子から再び乗ったら、深夜の2時にゲリラ豪雨。今年の良い時期は短そうだ。

・仕事では、研修の関係で本社に来ていた全国の同期と飲む機会あり。当社に限らず、経理の人員は足りていないが、地味な仕事だけに人気もなく、若手からの受けがよろしくないのは悩みどころ。でも、相変わらず海外にボコボコ会社を作っていて、会社を作るたびに最低一人は日本から経理の人員を送り込むことになる。というわけで、地味な言葉の響きとは裏腹に、海外駐在の機会は非常に多いのではないかと思う。

・付け加えて言えば、転職の機会も非常に多そう。上記の逆というわけでもないだろうけど、外資系の会社が日本に法人を設けるたびに日本人の経理・財務スタッフが必要になり、ヘッドハンターが必死にあちこちに電話をかけている模様。経理・財務スタッフが足りていないのは、どこも同じらしい。

・その他、CF、IRR、ROIC関連の話、個別原価計算と標準原価計算を巡るトレンドの話など。

・個別・標準の話をすると、まず現場のコストダウンと生産オペレーションの効率化から始まって、その動きが設計にフィードバックされて、MD化の話題が喧しくなり、それが管理会計に落ちてきて、そうするとインセンティブの体系にも影響が出て、変革の動きが加速される、といった順番で物事が動くのだろうと思うけど、まだまだ初期段階ですな。

・そういや、コンバージェンスとシステム化の話もあったっけ。国際会計基準でも米国基準でもいいけど、のれん代を償却しないのは経理・財務担当者として気持ち悪くて仕方がない。そんなの産業界のロビー活動に屈した政治判断でしかないと思うのだけど。GWで水膨れしたB/Sを見て、何がわかるのか?GWの減損判定なんて絵に描いた餅で、実態は全部簿外に追いやられて、数字に表れるのは破綻寸前とか、そういうことじゃないかと思うのだけど。

・個別PJの動きと関連しているかどうかは定かではないが、個別人事の動きも。でも、自分自身は相変わらず変化なし。

・リーマン、あっさりCH11に行ってしまいましたが、この辺りの見切りや動きの速さは「さすが。」と思う。報道では「リーマン破綻」と言われてるけど、「CH11って、単なる借金の弁済停止じゃないの?」と思わなくもない。「ないもんは払えん」ってやつ。CH7なら話は違いますがね。いずれにせよ、状況好転の見通しが立たないなら、判断は早ければ早い方がいい。会社をGoodとBadに分ける案も出てたようですが、外資系金融機関なら「これからの仕事」や「収益が見込める仕事」は個人orチームに紐ついて他所の金融機関が引き取るでしょうから、過去の債務の処理が問題であるという点で、CH11を適用しようがしまいが問題の根っこは同じ。民間だけで解決しきるかどうかってのが、今後のポイントなんでしょうね。

・という状況は新銀行東京も全く同じだと思うのだけど、あっちはいつまでダラダラ続けるのでしょうか?もしかしたら、裏で必死に民間の金融機関と事業引継の交渉をしているのかもしれませんが、既存の債権者が民間の金融機関ではなく、都であるなら、金融機関側に本件解決のインセンティブがないからうまくいかないでしょうね。こんな銀行、潰すのが遅れれば遅れるほど、都民の負担が増えるだけでしょう。当然ながら債権はいくらでも引き取り手がいるので、融資の受け手は問題ない(例の財務データを用いたうんたらかんたらの、いい加減な審査で金を引っ張ってる不良債務者は別にして)のでしょうけど、預金者をどう保護するかって問題があるのかもしれませんが、個人的にはペイオフを厳格適用して問題なかろうと思います。いないでしょ?あそこに一千万円以上預金している人。


ダメだ。話がドンドン脱線してきた。。。

というわけで、最近の話題は仕事側に偏っているのですが、目の前の実例を見ながら「理想のビジネスマンとは、どのような存在か?」思いを新たにしているわけです。
[PR]

by kcchicago | 2008-09-16 00:42 | Days | Comments(2)