<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 31日

仕事納めと一年の総括

当地は年末年始は関係なく、本来であれば大晦日も元旦も出勤日なのですが、今回はたまたま元旦が日曜日となり、また大晦日は日本人全員で休暇を取ることにしました。10月の旧正月に3連休があったのですが、そのときは日本に出張していたので、当地で初めて(にして最後?)の2連休です!わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪連休だ♪連休だ♪

今日は日本人村で餅をついて、明日はお雑煮を食べられるようです。お屠蘇も作るそうです。

振り返ると、今年は2月に父が亡くなり、3月には出張先で大震災に遭い、8月末にインドに赴任し、日本からインドに出張すること5回、インドから日本へは2回、合間に東京出張をはさんだり、長崎から実家を何往復もしたり、バタバタとあちこち飛び回った年でした。

業務では、2005年に留学から帰国して以来、念願だった海外再進出を果たせたのが一定の成果だと思っていいでしょう。海外に出ること自体を自己目的にすることがどうかとも思いましたが、やはり日本とは全く異なる環境の中で業務を行うことは良い経験になります。インドでの任期そのものは短いはずですが、恐らく今後の人生、日本と海外を行ったり来たりになると思うので、その一過程として、このタイミングで出られて良かったな、と。

プライベートの方は、あれだけ頻繁に東京に顔を出したのだから、着実に進展した。と信じたいところですが、こればかりは、なかなか予断を許しませんな・・・。(;^_^A アセアセ・・・

さて、来年もまた動きが大きくなりそうです。

1月の終わり頃には、日本に出張して国内を慌ただしく駆け巡ることになりそうです。3月には米所で大暴れ(?)です。そこから夏まではしばらくおとなしくしていると思いますが、その後はそれなりに動きがあるのではないでしょうか。

というわけで、皆さまには、この一年、色々とお世話になりました。来年も何とぞ宜しくお願い致します!(`・ω・´)
[PR]

by kcchicago | 2011-12-31 09:43 | インド生活 | Comments(0)
2011年 12月 27日

食べ物で喩える来月の出張予定

めんたいこ⇒カステラ⇒品川丼⇒シュウマイ⇒カステラ⇒めんたいこ。


とっても、美味しそうです!o(^0^)o


まあ、食べ物で喩えれば、の話ですが。。。
[PR]

by kcchicago | 2011-12-27 01:34 | 仕事 | Comments(0)
2011年 12月 25日

マンション。

クリスマスはともかくとして、せっかくの日曜なのに体調不良で外にも出られず、特に部屋で片付けるべき仕事もないので、さっきからダラダラと書き続けています。(^^;)

相変わらず、日本のマンション情報を眺め続けていて、次に(東京・横浜辺りに)帰国したら絶対に買おうと思っています。

さっき書いた内容を真面目に考えると、きっとこれから先のキャリアは日本と海外を行ったり来たりすることになるはずですが、一方で日本にきちんと根を張っておきたいな、と思っているわけです。世界中のどこにいても、日本に「帰るべき場所」をきちんと確保しておきたい、と。

こちらに来てから既に二回、日本に出張に出ていますが、東京に行っても、カステラの国に行っても、ホテル住まい。出張以外に、休暇で日本に行く機会もあるでしょうが、その際もホテル住まい。単純にホテル住まいは疲れるというのもありますが、ホテルだと、どうしても「行く」という感覚になってしまって、日本に「帰る」という感覚が持てない。そもそも、ここの任期が終わって日本に戻る際に、どこに「帰る」というのか。

なので、たとえ実際に住む期間は細切れで短くなろうとも、日本に帰るべき場所を持っておきたい。(「帰るべき場所」が場所だけで構成されるものか?という根本的な問題は未だに解決しないままですが。)

あとは、単純にあと数年で日本国債の未達が起きて、国債が暴落して、インフレが起きて、円預金が全部ゴミになるんじゃないか、という懸念もあります。(「日本では絶対にハイパーインフレは起きない」という人もいるので、必ずしもロジカルではないのかもしれませんが)

まあ、資産運用という観点で不動産を考えると、これまた簡単ではないんでしょうけどね。不動産の資産性と円預金の価値の毀損とどっちがどうか。

それなら不動産なんて買わないで、外債や外国株や金でも買ってりゃいいじゃないか、という話もありますが、それはそれで別に考えるということで。

さぁ、マンション買うぞ。おーー!(`・ω・´)
[PR]

by kcchicago | 2011-12-25 16:52 | インド生活 | Comments(0)
2011年 12月 25日

キャリアの積み上げ方

色々書いてから消してしまったのですが、こちらは一言で言うと、「人と違った特異なキャリアの積み上げ方をした方が良い。」ということかと最近、強く思います。

「良い」というのは、やっていて面白いというのと、将来的に飯の種になるという意味で。

思うに、順当な出世コースというのは、ピラミッドを上がれば上がるほど立ち位置が狭くなってくるのに対し、特異なキャリアを描いていくと、スポッと当てはまるポジションの数こそ少ないものの、競合が誰もいないので、必ず自分が必要とされる場所を見つけることができる。

自分の場合は、これまでライン業務よりも特殊PJ関係の仕事が多いという職歴に加えて、「財務」+「海外」というキーワードで、社内でもなかなか面白いキャリアを描けそうだし、その過程で十分な経験を積むことができれば、定年退職してから年金貰えるまでくらいは食いつないでいけるかな、と思います。

幸い、ここの任期はそんなに長くはならなさそうですが、日本に帰っても、また3、4年したら海外に出てみたいし、次は、あまり会社の規模は大きくなくていいので、CFOやTreasurerのポジションを取れたらなぁ、とぼんやり思っています。
[PR]

by kcchicago | 2011-12-25 16:31 | 仕事 | Comments(0)
2011年 12月 25日

仕事で必要になる英語力

流暢さではなく、自分の言いたいことを簡潔かつロジカルに相手に伝えきることかな、と。

商社ほどではないにしても、やはり社の海外向け売上比率がこれだけ上がってくると、派遣・出張の別なく、海外で働く機会というのは、どうしても増えきます。

自分自身は(シカゴへの留学を除いて)ここ2年ほどカレーの国に関わるまでは、全く海外出張の経験もなかったのですが、一方では、海外に強いと評判の人というのは確かにいて、営業はもちろん、設計・工作・品証・調達、そして経理にもそういった人はいるわけです。

最近になって、そうした人たちと一緒に仕事をするようになって分かったのは、海外に強いからと言って、必ずしも皆が皆、英語が流暢とは限らないな、ということです。(もちろん、ネイティブ・レベルの人もいっぱいいますが。)幾多の国の税務当局と戦って、かつ勝利を収めてきたような人でも、そんなに綺麗な英語を話しているわけではない。

でも、伝えきるんですね。そういう人たちは。自分の言いたいことを的確に。

まず言いたいことを結論から切り込んで、具体例を出し、数字と傍証を挙げて補強し、最後に結論をもう一度叩きこむ。全ての論理構成を明確にして、つまらない反論をはさむ余地を許さず、そのサイクルを繰り返す。

そういう論理展開をする際には、凝った言い回しや慣用句なんて使わず、むしろ中学生レベルの単純な構文で、淡々と攻めていった方が効果があるようです。

そして、最も大事なのは、やはり冒頭に自分の言いたいことを、簡潔にかつロジカルに言いきること。

分かっているのにどうしても、結論から言わずに前提からだらだら話し始めてしまうのですが、こちらの国の人を相手にしていると、自分が言いたいことを言う前に発言を被せられて、お互いわぁわぁ無駄に言い合うことになる。そうなると、口数と喋りのスピードでは、どうしても負けてしまう。

というわけで、もう少し、そういった点を見習わないといけないな、と我が身を省みる今日この頃です。
[PR]

by kcchicago | 2011-12-25 16:17 | 仕事 | Comments(0)
2011年 12月 25日

クリスマス・パーティ

昨晩は、日本人宿舎でのパーティという名の忘年会でした。

七面鳥やケーキが出たり、何故か揚げたての天ぷらがふるまわれたり、カレーの国に来てから初カラオケで一曲歌ったり、それなりに楽しい夜でした。ケーキはベタ甘でした。卵を使わないベジ仕様のケーキだったんだろうか?

しかし、相変わらず日中の気温は30度近くあり、半袖と短パンで過ごしている状況、そして特に街にも装飾やらがあるわけではなく、あまりクリスマスという感じはしませんね。デリーやムンバイのような大都市に行くと、それなりに雰囲気もあるようですが…。
[PR]

by kcchicago | 2011-12-25 16:00 | インド生活 | Comments(0)
2011年 12月 13日

『オペラ座の怪人 25周年記念ロンドン公園』

日本にいた最後の夜に『オペラ座の怪人 25周年記念ロンドン公演』を観てきました。品プリ・シネマでやってたフィルム上映のやつです。

まあ、さすがに圧巻でした。

ストーリーはさすがに言わずもがな、なのですが、フィルムでやっていることもあって、通常のミュージカルではなかなか観ることのできないキャストの表情の細部まで映してくれて、特に仮面の奥に見えるファントムの表情の切なさは、一見の価値ありです。

ただ、個人的には、クリスティーヌに迫力があり過ぎて、バランスが少しおかしかったような気がしないでもないです。もう少しファントムを引き立てる演出でも良かったような。

本編終了後には、アンドリュー・ロイド=ウェバーが出てきて、舞台あいさつをした後、マイケル・クロフォードとサラ・ブライトマンまで登場して、ちょこっと歌も披露してくれます。サラ・ブライトマンは明らかに喉を労わっている感じでしたが、マイケル・クロフォードの声はいかにもファントムっぽくて、とっても良かったです。

しかし、こういうものを観ると、やはり本物の舞台を観に行きたくなりますね。以前にブロードウェイで観たときは、細かいことも分からないまま感情移入できないでいたので、できればまたNYか、あるいはロンドンで鑑賞したいところです。劇団四季も一度も行ったことがないし、やはり一度は行かないといけませんね。。。
[PR]

by kcchicago | 2011-12-13 01:35 | Days | Comments(0)
2011年 12月 13日

人生 何週目?

さて、先週は日曜の夜に成田に着いてから、土曜の朝出発するまで東京にいて、日曜の昼過ぎに宿舎に戻ってきました。疲れた。(^^;)

結局、月曜から金曜まで、夜はずっと業務関係以外の人と会食等々の予定を入れてしまって、会社関係の人との飲み会は全て欠席するという離れ業を演じてしまったのですが、それはそれで濃い時間を過ごすことができました。

年代的に人生の転機に突入するのか、話題は、結婚・離婚・再婚・転職・退職・独立と、何故これほど一斉に多くの人たちの人生が動き出すのか?自分がまだ一週目にも入らないうちに、皆さん、一体何周目を回っているんでしょうか?と言いたくなる、そんな感じでした。

さて、自分も早く一週目に入れるように頑張ろうか。。。(´・ω・`)
[PR]

by kcchicago | 2011-12-13 01:20 | インド生活 | Comments(0)
2011年 12月 03日

日本に向けて出発!

昨日は、非常に久々の同期が珍しく当地まで出張に来ていて、夜は宿舎でプチ飲み会。

出張の前日は、何故かいつも飲み会。

というわけで、今日は通常どおり半ドン出社した後、夕刻に宿舎を出発して、深夜1時過ぎの便で日本に行きます。最近の東京はめちゃくちゃ寒いらしいけど、きっちり防寒具を用意して行かなきゃ。。。(´・ω・`)
[PR]

by kcchicago | 2011-12-03 10:51 | インド生活 | Comments(0)