<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 27日

インド最後の夜

朝から工場であいさつ回りをして、午後は宿舎に戻って荷物の搬出。インド最後の出勤日は慌ただしく過ぎ去っていきました。

インド最後の夜は、宿舎でいつも通り皆でワイワイお酒と食事を楽しんで、これまたあっという間の時間でした。

インド生活のまとめに何か書こうと思ったのですが、仕事関係のことは先日少し書いたし、日常生活についてはインドだから何か特別だというわけでもなく、自分にとっては文字通り「日常」のことになってしまったので、今日この瞬間に総括するのではなく、日本に帰って思い返すことがあればボチボチ書いていきたいと思います。

さてさて、明日は朝早い便でムンバイに移動して、四半期定例の会議に出席してから、夜の便で日本に帰国します!

日本に着いてからは、東京⇒長崎⇒東京と、短期間にバタバタ飛び回ることになり、生活が落ち着くのは12月も中旬になってからではないかと思いますが、いずれにせよ次回の更新は日本から。

ではでは、皆さん、また日本でお会いしましょう。ヾ(≧▽≦)ノ
[PR]

by kcchicago | 2012-11-27 01:36 | インド生活 | Comments(0)
2012年 11月 25日

インド最後の散歩

歩数: 8,844歩
所要時間: 1時間34分34秒
距離: 6.82km
消費カロリー: 312

今日は朝から荷造りをしていたので、長時間の散歩はパスしましたが、いつものごとくサブウェイまで昼食がてら、プラプラとお散歩。相変わらずのクソ暑さと、とってもゆったりとした時間の流れ。いずれ、この雰囲気を懐かしく思い返す日も来るのでしょう。

それにしても、荷造りはもっと簡単に終わると思っていたのに、何度も何度も引越を繰り返しているのに、我ながら何故いつも見通しが甘いんでしょうね・・・。
[PR]

by kcchicago | 2012-11-25 20:16 | インド生活 | Comments(0)
2012年 11月 18日

企業のグローバル化と雇用の危機

今のところ、企業がグローバル化することで雇用が国外に逃げるというのは、専ら製造業の現場を中心として語られていますが、実はホワイト・カラーも十分やばくね?と最近、思います。

経理の人員を比較すると

インド人の経理スタッフは
・大卒時に十分な専門的知見を有し
・IFRSにも精通していて
・半数近くの人間が会計士の資格を有し
・英語も堪能で
・日本人の10分の1の給料で
・世界中どこにでも働きに出かける

一方で、日本人は
・経理に配属されるからと言って、必ずしも新卒時に簿記や会計に堪能なわけでもなく
・IFRSが適用延期されてホッとしてる?
・会計士や税理士の資格を持つ人が多いわけでもなく
・英語は非常に苦手な人が多く
・インド人やフィリピン人、ベトナム人の10倍以上の給与を必要とし
・日本からは全く出たがらず、海外でも生活環境の整ったところでしか働けない

というのは、あまりに極端な比較ですが、それでも日本人、特に若手はもっともっと危機意識を持った方がいいんじゃないでしょうかね?

日本企業が日本企業である限りは、日本人のホワイト・カラーも必要でしょうけど、例えばシャープのように、日本の大企業であっても経営危機時の資本提携をきっかけに外資がドンドン入ってきたりすると、5年後・10年後には気付けば事実上、外国企業になってしまっている日本企業も少なくないのではないでしょうか?

そうなったときに、日本人ではない経営者が上記の目線でグローバル・スタッフを比較したとすると、「ひょっとして、日本人っていらなくね?」と結論付けられてしまう危険性は、あながち笑い飛ばせないものだと思います。

だからと言って、「危機意識を持ってグローバル化に備える」と言われても、具体的に何をどうすればいいのか困ってしまうところではあります。たとえ企業がグローバル化しても、日本国内でのオペレーションを管理する必要は残るでしょうから、国内管理の専門家として会計士や税理士の資格を持った人は生き残るでしょう。じゃあ、資格を持たない人はどうすればいいのか?(「頑張って資格を取れ」というのも、有力な答えだとは思いますが・・・(^^;))

一つの答えは、やはり日本人の資質の中にあるのではないかと思います。例えば、ものづくりでも日本人はモジュール型よりすり合わせ型が得意だと言われる。完全縦割りのJob descriptionの範囲内の仕事しかしないのではなく、常に全体工程や後工程のことを考え、業務遂行の中でたゆまぬ改善を行い、全体がうまく流れるように目配りすると同時に、細部にもこだわりを見せる。

平時には、各種決済処理や決算作業の効率化を図り、財務会計や管理会計で適時に適切な報告ができる体制を整え、タックス・プランニングにも目配りして社外流出の適正化を図り、財務面でも事業運営の運転資金を限界まで削減することで投下資金効率を最大化し、事業に見合った資金調達を遂行する。異常時には、いち早く数字から異常を発見し、事業再構築のための報告をなすとともに財務リストラを断行し、各種M&Aやバイアウトといった財務取引にも果断に乗り出す。そして、大事なことはこれら全てを英語で、意思疎通の齟齬を引き起こすことなく、できるということ。

彼/彼女に任せておけば、経理・財務は問題ない。全体に目配りしながら、細かいところまできっちりやってくれるだろう。そういう信頼感を得られる人材になれるかどうか。

「スーパーマンにでもなれ、と言うつもりか?」と言われるかもしれないが、そう問われるなら、答えは「Yes.」少なくとも、ライン・スタッフの10倍は働ける人間にならないと、この先、グローバル標準の10倍の給料をくれ、と言えないのではないか。

もちろん、今の自分がそんなスーパーマンであるわけではありませんが、日本の大企業に勤める経理スタッフにとって、国内の大組織の一ファンクションとして勤務するだけではなく、たまには海外に出て、英語環境で、企業経営における経理・財務全般に関わる機会というのは、飛躍的な成長のきっかけとなる非常に貴重な機会だということです。

「最近の若手は外に出たがらない」と言いますが、健全な危機意識を持つとともに成長のチャンスでもあるこういったポジションには、是非手を挙げてきてもらいたい。自分自身の最終帰国を前に、そんなことをつらつら考えています。
[PR]

by kcchicago | 2012-11-18 21:20 | 仕事 | Comments(2)
2012年 11月 18日

散歩の記録 2012年11月18日

歩数: 13,536歩
所要時間: 2時間08分46秒
距離: 10.43km
消費カロリー: 477

さて、本日もお散歩。土曜の昼から飲み過ぎたせいか、身体がだるかったので、朝の散歩は中止して、サブウェイで昼食がてら、ぶらっと近所を一回り。日本の感覚で言うと、まだまだ夏真っ盛りですが、何故か長袖のフリースを着ているインド人がいました。彼らの感覚からすると、肌寒くなってきたということなんだろうか・・・。
[PR]

by kcchicago | 2012-11-18 20:21 | インド生活 | Comments(0)
2012年 11月 15日

部屋探し

そろそろ最終帰国も視野に入ってきましたが、今度日本に帰ったら、自分で部屋を借りて住もうと思っています。一応、基準としては独身寮にも入れなくはないのですが、長崎で一人暮らしをしている際に家財道具を一通り揃えてしまったため、とてもじゃないけど寮部屋には入りきらないのと、それ以前にこの年齢で独身寮に入ると、長老と言うか、牢名主と言うか、若い人たちの間で浮いてしまうのは間違いないので、それだけは避けなければならぬ!(`・ω・´)と決意しているわけです。

なので、日本に帰ったら、直ちに住む場所を見つけなければいけません。一応、関係部署あちこちに連絡を入れて「帰任休暇を取るぞ!」と宣言してはいるものの、義理と人情と業務の都合上、帰国しても長崎・東京・横浜と駆けまわる必要があるため、そんなに日程上の余裕はありません。

ということで、インドにいながらにして、Yahoo!不動産やSuumoで「即入居可」の部屋を検索する毎日です。

ある程度の余裕があれば、今まで住んだことのない街、全く新しい街に住んでみても面白いのではないかと思いますが、結局は土地勘のある街に住むことになるかな、と思っています。

直近まで職場の近くに、予算的にも手が届きそうな良さげな物件があったのですが、先日埋まってしまったようです。不動産情報を毎日眺めていて思うのですが、賃貸にせよ、売買にせよ値ごろ感があって、内容と価格のバランスが取れている物件は、あっという間にはけてしまうようです。一方で、高すぎる物件や、値段が安くても内容に難のありそうな物件は、半年経っても、一年経っても、情報が掲載されてままですね。値段もちょっとずつ下がっているような。

それはそれとして、駐車場も同時に確保しようと思うと、なかなか大変そうです。今この瞬間、良い部屋が空いていても、帰国までに埋まってしまう可能性もあるし、現実に帰国するまではしばらく不動産情報とにらめっこです!(`・ω・´)
[PR]

by kcchicago | 2012-11-15 21:32 | Days | Comments(0)
2012年 11月 15日

散歩の記録 2012年11月15日

歩数: 23,928歩
所要時間: 3時間38分12秒
距離: 18.86km
消費カロリー: 863

3連休の締めに、少し長めに歩いてきました。帰ってきたら、さすがに疲れていてサブウェイまで出かける気にはなれず、宿舎で昼食を取って、部屋で横になったら、あっという間に連休最終日終了。

e0024426_2104043.jpg
川を渡ろうとして、途中で止めて水浴びをしている水牛軍団。真ん中の仔水牛だけ、何故かずっとカメラ目線でした・・・。
[PR]

by kcchicago | 2012-11-15 21:02 | インド生活 | Comments(0)
2012年 11月 14日

散歩の記録 2012年11月14日

歩数: 15,592歩
所要時間: 2時間42分20秒
距離: 11.85km
消費カロリー: 542

3連休の2日目。朝5時台から爆竹の炸裂音があちこちで轟き、道を歩くのすら危ぶまれる感じだったので、昼前頃まで待ってから出発。カメラも持たず、昼食と買い物を兼ねての散歩でした。相変わらず、日中は暑いですね。昨年はこの時期から、もう少し涼しくなり始めていたような気もしますが…。
[PR]

by kcchicago | 2012-11-14 20:13 | インド生活 | Comments(0)
2012年 11月 13日

散歩の記録 2012年11月13日

〔午前中〕
歩数: 15,773歩
所要時間: 2時間25分34秒
距離: 12.46km
消費カロリー: 570

〔午後〕
歩数: 8,329歩
所要時間: 1時間29分03秒
距離: 6.46km
消費カロリー: 296

さて、本日からディワリ(旧正月)の3連休です。北川景子好きの某氏と、「下唇」を連呼していた某氏は、昨晩からタージ・マハル見学に旅立ってしまったので、一人でいつもの街でのんびりしています。(タージ・マハルは去年、見学に行ってきたので・・・)

e0024426_19134217.jpg
オレたちには連休なんて関係ないぜ~

e0024426_1914535.jpg
宿舎から徒歩20分ほどにあるインターナショナル・スクール。「この街には学校がないから家族を連れては赴任できない。」と聞かされていましたが、結構綺麗な学校があるじゃないか、と思います。ここ数年でできた学校かもしれませんが。

e0024426_1916381.jpg
壁を登っているのか、降りているのかは分かりませんが、そういうモニュメント。英知の谷を探ってみよう、ということでしょうか。

e0024426_19184859.jpg
花を売ります、街角で。これは旧正月スペシャルでしょうか。至るところで花を売っていました。写真には撮っていませんが、昨日は事務所棟のロビーに、この花で絵を描いていました。花で描くランゴーリ。

e0024426_1921448.jpg
それでもやはり、花より団子。午前中の散歩時に撮ったので、まだ開店前ですが、近所のサブウェイが再開していました。しかも、隣の店舗とくっ付いて、飲食スペースが4倍くらいに拡大されていました。厨房の処理能力は変わらずのようですが…。(;^_^A アセアセ・・・ 何はともあれ、これで連休中もランチ難民にならずに済みます。
[PR]

by kcchicago | 2012-11-13 19:23 | インド生活 | Comments(0)
2012年 11月 11日

散歩の記録 2012年11月11日

歩数: 18,198歩
所要時間: 2時間50分16秒
距離: 14.20km
消費カロリー: 650

インドでは週明けからの旧正月を目前に、完全に年末年始モード。土曜日は、職場の人たちが「Happy Diwali!」と言い合いながら、返っていってました。日本で言うところの「良いお年を!」というところでしょうか。一応、月曜も出勤日なのですが、このままでは誰も出社しなさそうです。

e0024426_18281211.jpg
というわけで、いきなりお見苦しい写真で恐縮ですが、昨夜は宿舎の前でも遅くまで子供たちが花火を上げて大騒ぎしていた結果がこの通り。

e0024426_1829463.jpg
でも、散歩から戻ってきたら、この通り綺麗になっていました。

e0024426_1830670.jpg
e0024426_1830407.jpg
ランゴーリの装飾絵(お祭りの際に地面に描かれるもの)も復活。この辺りはインドの人たちのこだわりが出ていますね。
[PR]

by kcchicago | 2012-11-11 18:32 | インド生活 | Comments(0)
2012年 11月 04日

散歩の記録 2012年11月4日

歩数: 16,696歩
所要時間: 2時間43分10秒
距離: 12.91km
消費カロリー: 592

さほど暑かったわけでもないけど、疲れ気味でペースも距離も伸びず、疲れて途中で帰ってきてしまいました。

e0024426_21335372.jpg
水牛のチラ見。
[PR]

by kcchicago | 2012-11-04 21:34 | インド生活 | Comments(0)