それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 16日

公共性の高い仕事

本来、官がやるべき仕事、誰かがやらねばいけないはずの仕事について、採算が合うからと言って民が進出しようとしたときに負うリスク。

「なるほど、そういう視点もあるのか」というのが正直な感想。

経験を積むというのはやはり大きい。
[PR]

# by kcchicago | 2005-07-16 14:23 | 仕事 | Comments(0)
2005年 07月 14日

本日ネゴ開始!

という予定だったのだけど、急遽午後過ぎから外出し、直退してGSBのリユニオンに参加したため、ネゴそのものは流れてしまった。

代わりに資料ゲット。

既にないと思っていたグレードの試乗車があったりするらしい。そう言えば今月1000台再生産といううわさも聞いていたけど。そうなんだ、へぇ。
[PR]

# by kcchicago | 2005-07-14 00:42 | Evo IX | Comments(0)
2005年 07月 14日

GSB Reunion

今夜は六本木でGSBのリユニオンがあった。

一年ぶり以上で会うClass of 2004の方々、日本でインターンをしている在校生の皆さん、そしてもちろん同級生の面々に、たまたま日本を訪れていた格闘技オタクのアメリカ人という、どうしようもないくらい個性的なメンバーでの飲み会。

ビジネススクールでの勉強後に実務に携わると思うことは色々あるらしく、皆の言っていることが非常に面白く、参考になった。

やはり、こういう勢いのある人たちと出会えたことが、GSBで得た最も大きな財産の一つなのだろう。
[PR]

# by kcchicago | 2005-07-14 00:38 | MBA | Comments(0)
2005年 07月 12日

"Talk with Chicago GSB"

イベントの告知です。

"Talk with Chicago GSB"

ビジネススクール受験生の方に、シカゴ大学ビジネススクール卒業生と話すことで、当プログラムに対する理解を深めて頂くためのイベントです。「MBAって結局どういう意味があったの?」という受験生の方の素朴な疑問に、我々卒業生の立場から何かしらお答えできれば幸いです。

今後、GSB関係者側もメンバーを入れ替えながら毎月開催していきたいと考えております。在校生が日本にいる場合は、飛び入り参加もあります。

まずは第一回目を以下の通り開催しますので、どしどし御参加下さい。

日時: 7/20(Wed), 8pm-
場所: 参加者へご連絡します。
費用: 実費
対象: 本年度シカゴGSBへのアプライをお考えの方。
申込: お名前、勤務先、Email Addressを明記の上、以下までお申し込み下さい。
         Talk_with_ChicagoGSB@yahoogroups.jp
定員: 15名
(注意:本イベントはGSB卒業生による自主的なもので、アドミッションの選考過程とは一切関係ありません)

ではでは、多くの皆さまとお会いできる機会を楽しみにしております。
[PR]

# by kcchicago | 2005-07-12 23:56 | MBA | Comments(0)
2005年 07月 11日

滑り出しは順当か

帰国直後の月曜日に職場復帰して、今月に入ってから部内でグループを異動し、いきなり四半期決算が始まって、財務の人というより経理の人っぽくなってましたが、それも一段落したので仕事について一般論及び感想をば。

・当然ながらMBAを取ると、周囲からの自分に対する期待値は上がっているようである。昇進するとかしないとかいうつまらないレベルではなく、留学前とは明らかに違った役割を求められているのだ、と自分自身が理解すべきである。

・会社全体を見渡すと、旧態依然のビジネスが多いのが確かだが、昨年度の決算が経営者層自身が驚くほどガタガタであったため、もう待ったなしの感が強い。ダメな事業には容赦しないというのが最近のムードか。

・その中で、会社自身の発祥とも思えるビジネスに少し突っ込んで考え方を確認できたのは自分としても非常にいい機会だった。だからと言って、その仕事の内容の良し悪しとは必ずしも関わらないわけだけど。

・さらに、会社全体の流れと少しはなれたところで育っている新規ビジネスの芽に首を突っ込む機会を得たのは大きな○だと思う。ラインと関係ないところに無理やり首を突っ込んでいるので、今後事業が進むに連れ、どうこの話に関わり続けるかは思案のしどころ。

・ところで不振事業に容赦ない一方で、選択と集中は進んでいるか。一昨日の日経に「(当社にとって)初の大型M&A」という記事が出ていた。縦割りの会社よろしく、この話が本当かどうかは知り得る立場にないが、この動き自身は喜ばしいこと。

・さらに一般論として、公共事業ではPFIが大はやり。必然的に事業価値評価云々の話も出てくる。要は公共の運営リスクを民間に押し付けているだけだとは思うけど、いずれにせよ機器の売り切りから事業運営へと主戦場は移っている。手許のファイルを少し繰っただけでもPFIの案件は山ほど出てくるので、これは今後楽しみ。

・先週末まで忙しかったけど、一旦決算が落ち着けば、結構自分の時間は取れそうだ(何たって今日だけでこのブログのエントリをこれだけ書く余裕がある)。CPAに向けて勉強しなきゃ、と思う一方で、習った知識を社内に還元すべく勉強会でも開こうかと画策中。今さら事務屋さんに資本コストがどうとか言っても仕方ないので、設計屋さんや製造屋さんに財務やマーケティングの意識を持ってもらうべく面白いことが出来ないかとぼんやり考えている。

・どうでもいいけど、画面の右はしにいるのは弊社のマスコットです。分かる人には分かるだろうけど、突っ込まないでやって下さい。

以上、書き漏れてることはいっぱいあるけど、思い出したらまた書きます。
[PR]

# by kcchicago | 2005-07-11 22:15 | 仕事 | Comments(3)
2005年 07月 11日

各種イベントのご紹介

既に終わってしまったイベントもありますが

7/9 ランチ with GSB
7/10 イフ大阪校での説明会
7/18 MBA夏祭り(PR主催):GSB生も多数参加予定
7/20 Talk with GSB(15名限定):わたしも出席予定です
9月上旬 GSB生による自主説明会2回
10/13 シカゴGSBアドミッションによる公式説明会

というわけで、今月から秋にかけてGSB関係のイベントが目白押しです。
興味のある方はガンガンわたしまで御連絡下さい。
[PR]

# by kcchicago | 2005-07-11 21:58 | MBA | Comments(0)
2005年 07月 11日

今週中にも契約か?

とタイトルに書きつつも、まだどのディーラーとも話はしていないのですが、もし条件の合う車があるようなら系列のとこから買ってしまおうかな、と考えています。

個人的にはそれほど好きなタイプの車でもなかったりするのですが、必死に現場で歯を食いしばって頑張っている人たちを見ると、全く他人事とも思えず(実際、他人事でもないのですが)、車の出来自体は悪くないと信じているので、まあそれでもいいかな、と。

何となくよさげな車は色々あるのですが、留学前にロードスターにほれ込んでいたような「何が何でもこの一台!」っていうのがないんですよねぇ・・・。

上のように書きましたが、話次第ではどっちに転ぶか分からないので、車関係のわたしの知り合いの人は楽しみにしておいて下さい。
[PR]

# by kcchicago | 2005-07-11 21:54 | Evo IX | Comments(0)
2005年 07月 11日

4+2+2=8輪生活?

車と自転車は昔からずっと好きでしたが、バイクの免許もほしいなと思っています。

ただ、車を新たに買って、チャリを買い換えると、さすがにバイクを買う金はなさそうなので、悩みどころですが・・・。

20代のうちに免許だけでも取っておくかな?
[PR]

# by kcchicago | 2005-07-11 21:48 | 自転車・バイク | Comments(0)
2005年 07月 11日

相変わらず

チャリダーなのはシカゴでも日本でも変わりません。

今は成城に住んでいるのですが
新宿での飲み会にチャリで行ったり
三軒茶屋の区役所の出張所にチャリで行ったり
府中の運転免許試験場にチャリで行ったり

考えてみると、かなりアホです。

極めつけは品川の職場までチャリで通おう計画もあるのですが、さすがに今乗っているママチャリでは無理だと思うので、少しいいクロスバイク辺りを買おうかと考えています。
[PR]

# by kcchicago | 2005-07-11 21:46 | 自転車・バイク | Comments(0)
2005年 07月 11日

Silent days?

さて、最初なので全カテゴリに一つずつエントリを入れようと思って無理やり書いてます。

シカゴにいる間から「日本に帰ったら何か音楽を習う習う」と言い続けていたのですが、未だ実行に移せていません。

ブルース・ハープ(not 竪琴)でも習おうかな、と思っているのですが、独力で始めるとあえなく挫折するのは目に見えているので、会社帰りにフラッと立ち寄れそうな音楽教室、どなたか御存知ありませんか?
[PR]

# by kcchicago | 2005-07-11 21:43 | 音楽 | Comments(0)